Menu

GODDESS

2019年
08月13日

伊良湖先端の波

伊良湖先端の波

10号台風のお陰と言うか
サーファーに取っては最高の時間が訪れています。
写真は伊良湖の先端 フェリー乗り場のポイントです。
ロングビーチ、ロコポイントがクローズに成ると
フェリー乗り場の左側の岩場に沿って
極上のライトがブレークします。
バリハイ 武藤君のバックサイドです。
カメラマンは 北村写真館の北村さんです。
流石良いポジションをシャッター切って居ます。
 台風10号はのろく 自転車で走る程度のスピードです。
此の為太平洋沿岸への波は何日も続いて居ます。
この後少し北上し紀伊半島あたりに上陸する様です。
喜んでばかりは居られない状況ですが
サーファーはそれが自然の恵みでもあり
感謝しながら 楽しませてもらって居ます。
19日から四国生見で第52回全日本が開催されます。
この後台風が発生しないことを願って居ます。
昨年の伊勢河野浜は 台風直撃で1日大会は中止に成りました。
今日も波サイズはアップして居ます。
決して過信しない事。
又自らの技量に応じた、辞める。と言う選択も大事です。
波がデカく成るとカレントが発生する箇所も多く成ります
カレントは大きな波が押し寄せた時に
海底の地形がホレて居る所に流れが発生します。
又 川の近くでやって居ると上流で大雨が降ると
あっという間に川は増水し勢いを増して流れが速く成ります。
川の河口でのサーフィンは何時も其の事を忘れない事です。
 又 大事な事は カレントは沖合に出ると消滅します。
流れにさかわる事無く真横に脱出する方法もあります。
決して慌てずパニックに成らないことが最も大事です。
 昨日も茅ケ崎のパークのレフトで入りました。
テトラの脇には大きなカレントが発生して居て
ドンドン沖に持って行かれます。
又連日海全体が右に流れていて
左の江の島方面に位置を動かして居なければ成りません。
之だけでも大変な体力の消耗です。
何時事故が起きても不思議ではない状況です。
 特に子供ずれの一般の方は
茅ケ崎のレフト、江の島寄りの ヘッドランドの水際は危険です。
浅い所から、既に沖合に潮は流れています。
 又このエリアは遊泳禁止地域です。
絶対に子供から目を離さないでください。
ここ暫くは台風の影響で何処のビーチでも同じことが発生します。
自らの命と周りの人の命を守る為に
遊泳禁止地区には入らない様にして下さい。
 サーファーもパドリングが命です。
流れに負けないパドリング技術の無い方は絶対に入らないでください。
自らの責任で海に入ってください。