Menu

GODDESS

2019年
08月04日

バリバリの剥離リペア

バリバリの剥離リペア

和柄の凄い板がボッコリ剥離で
出来るだけ和柄をそのままにリペアしたいと思います。
ロングの剥離は完璧に治す方法は有りません。
 そんな事が自分の発明心を動かします。
色々と考えある程度イメージがまとまったら
其れに必要な器具の制作に入ります。
既に何台かはこの器具を使って進歩して来ています。
 過去の剥離の修理は
剥離個所を剥がし其処にクロスを重ねて段差をなくす方法です。
でもこの報告やりかたは剥離を剥がすと剥がした跡が
ズタズタでしかも水を吸ったフォームはサクサクに成って
使い物に成りません。大きなクレーター(凹み)が生じ
板の寿命を感じてしまう。
 其の重大事態を ナントか自分なりに対策を考え
剥離個所を剥がさなくてそのままの姿で剥離を修復する事に成功しました。
又特筆すべきことは 費用も今迄の半分ぐらいで上がり
重量も其れほど変わりません。
 充分に使う事が出来ます。
もし自分の大切な板が剥離したら
僕の所へ持って来てください。
完璧な修復をお約束できます。
 和柄の図柄の板を剥離個所を剥がしてしまったら
この板の寿命は尽きてしまいます。
其れを復活させるところに自分の仕事士としての
生きがいを感じます。
 写真を見て下さい
接着樹脂を流し込み、所々に穴を開けて強制的に接着し
余った樹脂はその穴から流れ出る仕組みに成っています。
 唯強制的に抑え込んで接着する方法は中の樹脂が完全に固まるまで
緩める事は一切出来ません。
其の為に器具の圧を外すのは一週間後に成ります。
 又完成したところを何時かブログアップします。
今日も厳しい暑さですね
日頃から丈夫な体を作っておきましょう。