Menu

GODDESS

2019年
02月18日

剥離の板リペア

剥離の板リペア

今日はロングの剥離の板リペアしました。
先日公表した剥離の板の効率的な治し方の
独自に考えた器具を初めて使って剥離の接着を試みました。
一枚目の写真は 開発した器具を使って剥離個所に8ミリのドリルで
穴を開けて其処に樹脂を流し込み
その部分に椹木をしてくさびをハンマーでたたきこんで
強制的に流し込んだ樹脂を穴から絞り出して接着する。
この方法は剥離した場所を剥がすのではなく 穴を開けて剥離個所に
樹脂をまんべんなく流し込み重く成らない様に
強制的に抑えて元の状態に戻す。
この剥離問題は長年の重要な課題でしたが
私が熟慮して考案した方法だと全く元の状態に戻すことが出来ます。
唯、剥離した場所の中身はウレタンがスカスカに成って居るので
樹脂の硬化時間を遅くすることが樹脂を満遍なく染み込ませることが出来るので
此処がキーワードに成ります。
そして丸1日は強制的に抑えて接着を完全に終わらせることが大事です。
又、穴を開けるという理由は 剥離した場所は中に空気層が出来て居るので
その空気層を逃がしてやることに繋がります。
今迄の剥離の修理は平らに綺麗に治すと 飛んでも無い重量に成ってしまい
板の命は終わってしまって
乗っても元の乗り味には戻りません。
 私が考案したこの方法なら美観的にもほぼ元の形ですし
多少の重量は増しますがほゞ完璧な乗り味に戻ります。
板に命を吹きかけた事に成ります。
 剥離の板が有ったら是非GODDESSに持ってきてください。
必ず復元します。
長年使って来て変色し良い感じに成って来た板を又生き返らせることが可能に成りました。