Menu

GODDESS

2019年
02月12日

板の剥離をリペアする道具

板の剥離をリペアする道具

此処の所ロングの剥離のリペアを何台かやって居るうちに
良い道具を考え付きました。
これが有ればどんな剥離も最小限のキズで治せる事が可能です。
 剥離のリペアで最も難題なのが
重量が重く成ってしまう事です。
 もう一つは剥離場所を剥がしてしまうと
その部分が大きく段差が出てそれをフラットに戻すには
途轍もなくクロスと樹脂を使ってしまいます。
 今回私が考えたリペア方法は
クロスを剥がさないで 6ミリのドリルで穴を開けて
其処から樹脂を流し込み
強力な圧を加えて無理やり抑え込むことです。
外観も損なわず、重量も最小限に抑える方法です。
ガッチリした木材を長方形にボンドでシッカリ組み立て
其れを板の剥離場所に入れて
抑える部分に垂木を差し込み更にくさびを打ち込んで
強制的に接着する方法です。
余った樹脂は空けた穴から外に出て来ます。
こうやって強制的に圧を加えて丸1日置くと完全に接着が完了します。
圧を加える場所は何処でも可能です。
レール側に剥離が有っても同様に木材を挟み込んで更に
くさびを打ち込めば余計な樹脂は穴から外に出て来ます。
 色々と考えるのは好きな方で
今回の道具は意外と簡単な造作物に成りました。
効果は抜群に良いです。
気温が高ければ6ミリの穴に流し込む樹脂は素直に入って行きますが
冬場は固くて入りにくいので
樹脂を少し柔らかくなる様に温めて流し込むのが良いです。
完成し穴が気に成る方はその部分に何かデザインを加えるか
そのままでも全然違和感は有りません。
何でも諦めずに挑戦することが大事ですね。
死に掛けた板に又命を吹き込むことが出来ました。
 剥離の板が有ったら是非持ってきてください
  完璧に治します。