Menu

GODDESS

2022年
01月21日

茅ケ崎支部からの通達

茅ケ崎支部からの通達

NSA茅ケ崎支部からのお知らせ
支部に送られて来た資料は
海上保安庁からの物です。
ランダムですが
1.事故発生エリア
   湘南海岸
   葉山周辺

2.殆どの事故が帰還できない

3.事故に合った年齢層

4.物販される方は
   ライジャケ
   携帯
人命にかかわる必需品も義務化した方が良いです。

当社も早い時期からSUPに取り組んできました。
物販は危険が伴う為に中止しました。
 スクールは現在も実施して居ます。

其処で気が付いたのは
SUPは甘く見たら危険、と言う事です。
 自分たちは若いし体力もある。と思って居る30代が一番多く事故が起きて居る事でも
 分かると思います。
SUPの最も危険な所は
 海面は風に依って流れが発生します。
SUPは浮力が有るので風に自然に流されます。
このスピードは人力では勝てません。
 海保の資料が物語って居ます。
又色々な要因はありますが
 スクールをやって居て
 体重の有る方は落っこちたら
 板によじ登る事も出来ません。
力の弱い女性は風に依って
 直ぐに流れて行きます。
其れをインストラクターが
 救助する方法が有りません。
オフ(陸から沖に向かって吹く風)の時は
 要注意です。
岸から沖合に流されるのを
 救助する手段は無いからです。
その位SUPの取り扱いは
 難しいです。
安全第一でスクールを実施するには
 常に流れて帰れない人を
救助に行けるマリンジェット等を
スタンバイして置く必要が有ります。
 スクールを実施している処は
安全第一
スクール生(先生も) 
  ライフジャケット
  携帯電は必要
流された時のシュミレイションを
スクール時に徹底して置く必要が有ります。
 以上支部からの緊急連絡に成ります