Menu

GODDESS

2020年
12月03日

先のブログの続き

先のブログの続き

先のブログの続きですが
78歳の記念に
撮影して貰いました。
この板は
NoosaModelです。
9,6で少し重めに作りました。
小さな波の壁の無い波でも
スピードに乗ります。
 其の板の性で
タルイ波でもカットバックに入る事が出来ます。
普通なら体を内側に倒すと
戻れなくなってワイプアウトに繋がりますが
 意外と復元力が有って
スムーズに板は動いて呉れます。
来年の伊良湖は
本格的な波で
掘れ方も早くて
テイクオフから一気にレールを入れてターン方向に
板を持って行かないと捕まってしまいます。
 余り軽いとあおられるし
この位の重さが良いかもしれません。
 其れまでに乗り込んでクイックに
スピードに乗る乗り方を練習したいと思います。
又波が小さい時は
もう1本EPSでフルカーボンで巻いた軽量な板が有ります。
サイズは矢張り9,6です。
この板は何年か前の生見で優勝した板です。
 唯伊良湖は数年前の全日本で
沖合を台風が通過中で
メチャデカく成って
 アウトに出る時に板が何本も折れました。
私はラッキーで一発でアウトに出れました。
ファーストブレークはかなり沖合で
 ナントかデカい1っ発にテイクオフ出来ました。
しかし其の後中々波を捕まえる事が出来ず
一回戦敗退しました。
 来年は同じ事は繰り返したくないので
10,0f以上の1本は用意して行きます。
 今回の撮影は
松葉カメラマンです。
プロでは無いですが
何時も良い写真を撮って頂いて居ます。
 有難う御座います。


この記事の商品についての問い合わせ