Menu

GODDESS

2020年
07月03日

バンブーロング

バンブーロング

今日はバンブー(竹)ロングと
カーボンレールの事を
徹底的に説明して見たいと思います。
 バンブーは竹材です。
但し中国で取れる竹の太さは
日本で見る竹とは比べ物に成らない程
太い、です。
 其れを2ミリほどの平板に加工し
板のデッキ&ボトムに貼り付けます。
板の心材はEPS素材です。
 バンブーロングは発売して
既に6年が経過して居ます。
デッキが凸凹に成る事は無いし
竹材の剛性は証明されて居ます。
 又、剥離も有りません。
プラス、カーボンレール です。
此の加工技術は当社が開発しました。
 勿論中国の工場に行って
試行錯誤しながら
加工方法を確立しました。
バンブーは板状の物で
 レールの湾曲を作る事は出来ません。
どうするかと言うと
 工場スタッフが
レールのR部を
1㎝間隔ではさみで切り口を作り
強制的にエポキシレジンで接着します。
固まった後、凸凹をサンデングします
 其の後にレールにカーボングラスを巻きます。
個の制作工程は凄く時間が掛かり
熟練した作業員で無ければ出来ません。
 カーボンレールは
見た目も美しいし
其の頑強さは想像以上です。
 他の板とクラッシュしても
破損する事は有りません。
そしてバンブーロングの
極めつけは
 板のシナリ です。
バンブー(竹材)の粘りが
ボトムターン等で
微妙なシナリを発揮し
粘りの有る綺麗なターンを引き出してくれます。
 この板のマスターシエープは
私 Tad Suzukiが削りました。
他に息子の剛シエープのバンブーロングも有ります。
 スペックは多少違いますが
バンブー+カーボンレールの製法は同じです。
 又レデイス用の薄くて軽いモデルも有ります。
是非当社の湘南3店舗でご覧に成って下さい。
バンブー+カーボンレール
 最強の理想的なサーフボードです。
又コンテストでも
鈴木剛プロが其の性能を立証して呉れて居ます。
 


この記事の商品についての問い合わせ