Menu

GODDESS

2020年
05月28日

Hot Stickの楽しさ

Hot Stickの楽しさ

長いシエープ人生の中で
最も革新的なモデルは
 Hot Stick です。
 一言で言ったら
オジサンが泣いて喜ぶ ステックです。
今回紹介するこの板は
 一度手放して
 数年が経ち
此の板の乗り味が忘れられなくて
買って呉れた方にお願いして
買い戻した ホットステック です。
 その方も友人に譲ってしまい
手にするまで2年ぐらいかかりました。
 ホットステックの良さは
1。ロングの様にパドリングが楽で
  テイクオフが早い
2.乗るとショート感覚で板が動かせる
3.昔はショートでガンガンやってた方が
  体重も増えてキツク成って来た時
  ホットステックは最高に楽しい板に成ります。
4.女性でも、初心者でも乗れる楽な板です
5.デカい波にも乗れます
  但し浮力が有るのでドルフィンは出来ません
6.スモールウエーブは最高に楽に乗れます
7.持ち運びも便利です
8.宮崎等、トリップには最適な板です。
  波のサイズを選びません。
サーフテック時代は海外、特にハワイでもよく売れました。
外人は体重が有るからだと思いますが。
 今はスタンダードのモールド製の板は完売して無いので
 フルオーダーに成ります。
ロングは扱いにくい、ショートは無理、と考えて居る方は
是非 Hot Stick がお勧めです。
 私の場合板は何でも持って居ますが
今年はコロナの影響で 全日本選手権が中止になりました。
何時もロングで出場して居ますが
 来年まで時間が出来たので
 Hot Stick に乗ります。
最高に楽しいのは ホットステックです。
 年齢的にはショーとは絶対に無理で
其れでもショート感覚でサーフィン出来る板
 それはホットステックです。
之が世界中に発信した僕の発明です。
 この板を開発した頃
世界中の何処にも このスペックの板は有りませんでした。
 スペックだけ見れば
かなり アグリー(醜い)スペックです。
 260 x 58 x 7,8
此の数値は世界中、何処にも有りませんでした。
 ロングは誰でも乗れるし
昔乗って居たショートの感覚が忘れられず
 そうかと言ってショートは絶対に無理で
 寝ても覚めても考えました。
頭に浮かんだ数値がこれでした。
 夢中で削って、出来上がった板で
 一発目の波を捕えて乗った時
思わず感動で笑いがこみあげて来ました。
 すげー、 最高、 之だ。
    でした。
シエーパーとして未知の板を生み出した瞬間です。
 こんな喜びは有りません。
色々と改良したり
必要に応じて色んな物を、発明もしてきました。
 その中の一つが
 Hot Stixk です。
70を超えたおっさんが
良い波を捕えて居ます。
 楽しいに決まって居ます。
  最高― です。
Hot Stickの威力を見て取れると思います。
 オジサンも決してあきらめる事なく
 挑戦し続けて下さい。
Hot Stickは 其れをサポートして呉れる
 魔法? の板です。
私は77歳に成りました。
波によって今でもHot Stickに乗って居ます。
コロナの影響で
海には入れなくなりました。
 其れでも海が解禁された時に
体を作っておかなければ、と思って
3月10日から 朝、晩 体重を計測しました
79Kだった体重が 今朝76,1Kでした。
今週中に 75キロ台に突入します。
 之は自分が掲げた目標で
  予定通りです。
体重コントロールは難しいです。
でも、其れを可能にして呉れるのが
 サーフィン です。
サーフィンしたい、年を取っても
 その情熱は変わりません。
タバコ、ビール、酒 
 煙草は若い時にカルフォルニアに5ヵ月住んで居た時に
{サーファーノースモーキング} と
働かせてもらったファクトリーの
ブロッキウ壁にスプレーで書かれていたのを
見て 即辞めました。
 アルコールは大好きです。
昔は金も無くて 安い サントリーの
ホワイト ばっかり飲んで居ました。
 全日本へ真剣に取り込むように成って
それもキッパリ辞めました。
 家の冷蔵庫には一切入って居ません。
(付き合いで飲む事は有りますが少量です)
好きなサーフィンを続けたい。
と言う気持ちがそれをセーブさせてくれます。
 サーフィンって
凄い力を持って居ると思います。
 全てサーフィンのお陰です。
長く成って済みません。