鈴木正の歴史 契約ライダー紹介
オリジナル マグカップ & ソーサ 間もなく焼き上がって来ます。 2017/03/05 (Sun)
1488715682.jpg 1488715769.jpg 1488715870.jpg 1488716047.jpg 1488716094.jpg コーヒー好きな 方なら ご理解いただけると思います。

私は 店からデニーズが近いので  ほぼ 毎朝 デニーズに 行って

コーヒーを頂きます。

そして 何時も感じている事は 砂糖は使わないですが

ブラックだけを  3〜4杯 飲むと 胃に良くは無い、と聞いて居て。 

その為には ミルクを入れて飲むと 胃の粘膜にやさしくなる、との事で

何時も 空けたミルクの容器と スプーンが  カップにぶつかって、  しかも

ミルクが垂れだして ソーサ(皿)の底を塗らしてしまう。

コーヒーを口にし ソーサに戻すたびに  カチャ  と云うスプーンとの接触音、

更に ミルクの垂れた後にカップを置くので カップの底はミルクで汚れてしまう。

決してお洒落な状況では有りません。


其処で 考えたのが 写真の  マグカップ  &  ソーサです。

ご覧に成って分かる様に  ミルク置き場、スプーン置き場が有る  オリジナルなソーサ。

と 持ち易く考えられた   マグカップです。

この二つは 世界中 何処にも無い、利便性と 機能を持った 優れた発明品です。

開発が始まって 2年の歳月が流れました。

当初は量産体系で検討が始まって岐阜タジマ地区の陶器の産地に 足を運びました。

2社に掛けあって検討してきましたが、ソーサの形状が  量産体制になじまず苦労を重ねて来ましたが

最終的に 断念し、手造りの陶器の焼きに切り替えて 研究開発を継続してきました。

昨年夏の後半から  やっと提携先を見つけて  試作を繰り返し

年が明けて  やっと満足する物が試作されてきました。

一枚一枚、一個一個 手作りで 粘土を練り混ぜて形にし、  窯に入れて焼いてゆきます。

焼き上がった品を見ると  粘土の時より  収縮し 形も変形し

其れを見越して 粘土で形状を作り  最終的に  焼き上がって来た作品を見なければ

製品を見る事は出来ません。

後 もう少し、恐らく 今月中には 完成すると 信じています。

写真を何枚か載せて置きます。

その利便性を充分 掴む事は出来ると 思います。

ソーサ、マグカップ  どちらにも  GODDESSの 丸ロゴの形状は焼き物に 

刻印 され、オリジナリテイを増大させると思います。

陶器の色 は3色  どれも コーヒーをナミナミと ついで 飲みたくなると思います。

御期待下さい。

今月末には  GODDESS 湘南3店舗 何処でも陳列されると思います。

TEAM SAMURAI SUPIRITS WET SUIT 2017/03/03 (Fri)
1488505039.jpg サムライスピリッツ TEAMは  4月に開催される

バリ島 クラマス の 今シーズン 開幕戦に 3選手が参戦します。

左から (鈴木  剛 、 ユージンテール 、増山翔太 )  各プロです。

日々 練習に余念のない 彼らを  側面から サポートして居るのが

{ SAMURAI SPIRITS WET SUITS } です

真冬の過酷な海で 長時間練習する彼らの身体を 完璧に保護し、保温し

体力の消耗を 軽減する 優れた ウエットスーツ は

一長一短で出来る物では有りません。

気が遠く成る程の 時間と 労力を掛けて 開発に精通し、少しずつ、ほんのわずかな

不具合を直ぐに改良し 正に カメが歩くスピードの様に、ゆっくりと 確実に 歩を進めて来た

結果が 有ります。

新素材にこだわり 一進一退を繰り返し、

優れた プロ集団 アマチュア軍団からの開発フィードバックによって

世界最高水準の  ウエットに成りました。

いち早く  真冬のウエットの表面ジャージに取り組みました。

 { 良い物は 良い } この開発ポリシーを貫き 開発重視してきた結果です。

来てみれば ハッキリ 分かります。

入水しない様に出来ています。

軽く、柔らかく  運動機能をアップを計る 立体裁断が  腕の上がりの負担を

軽減して居ます。

肩パッドが  3D 加工により、 膨らみ 其処に空気層が出来ています。

パドリングの 引っ張り感をなくした 大きな改革です。

又、オーダー時の 最も重要な 採寸方法も  サムライは  独自の採寸方法を

編み出しました。

立ったままの採寸では  実際にライデングして居る時の 筋肉の膨張を計る事は出来ません。

サムライスピリッツ ウエットスーツの  優れている点は  そう言う 実態に即した

採寸に寄って  ライダーの 身体の負担を大きく軽減して居ます。

長時間のサーフィンに  耐えられる由縁は そう言う細かな アドバイスが

優れた ライダーから 帰ってくる事で 日々進化して居るのです。

開発に 休まる暇は有りません。

{最高} を追求して行くために  優れたライダーが必要なのです。

今 サムライスピリッツウエットスーツは  世界最高水準に 有ると思います。

安心して お買い求めください。

剛プロ使用ウエット (  6x5 mmプルオーバージャージ フル )

ユージン使用ウエット(  5x4 mmプルオーバージャージ フル )

翔太 使用ウエット (  4x3 mmプルオーバージャージ フル )

湘南3店舗にてお買い求めください。

ニュー エポックボード シエーピング 2017/02/24 (Fri)
1487937352.jpg 1487937540.jpg 1487937629.jpg 1487937714.jpg 1487937801.jpg 1487937884.jpg 今日は 朝早くから シエープルームに 閉じこもりました。

昨年の夏ごろから  頭に浮かんできた エポック的な  板を削る為です。

恐らく世界には無い 形状のデザインで、

頭の中では 理論的はに成立して居ます。

只 本当の所は 出来あがって テストライドして見ないとナントも言えません。

此処から進化が始まるので

ネーミングが  { アメーバー  }  です、

まずは そのエポックな 形状をご覧に成ってください。

私が昔に書いた {サーフィン} Bookが複製されます。 2017/02/18 (Sat)
1487401970.jpg 長い事使って来た 講談社の {サーフィン} が複製する事に成りました。

今月中に完成し届きます。

スクールの教材として使って居ますが 元々は販売されていた本で

講談社の { スポーツシリーズ} の一環として  書いた本です。

 野球は 野村監督が執筆しました。

講談社の { スポーツシリーズ}  として人気が有り このサーフィンも  タイミング良く

スゴク売れて2回増刷したのを記憶して居ます。

サーフィンをこれから始める方に取って、これって言う本が仲々無くて

敢て この{サーフィン}を複製する事に成りました。

価格は  一冊  ¥1505 です。税込 ¥1¥1625 です。

表示が昔のままで  税込 ¥1550に成って居ますが   消費税が 8%に成りましたので

宜しくお願い致します。

湘南3店舗にて販売開始します。

内容は   サーフィンの歴史から サーフィンの全てが書かれています。

写真、イラストをフンダンに使って分かりやすく書かれていて 貴重な一冊に成って居ます。

通販でも承ります。

書店では扱って居ません。  当社のみの扱いです。

余談ですが カメラは  佐藤君にやって貰いました

佐藤君は当時GODDESSのクラブ員で 埼玉から バイクで通って来て居ました。

写真が趣味で 撮影を依頼しました。

彼はこれがきっかけで  サーフィン雑誌の写真を担当する事に成り

あの有名な  ハワイのパイプラインで ジェリーロペスの写真を撮った時に

波の壁に GOODの顔が浮き出て来て その写真は世界的に大きな衝撃を与え、評価され

今では一流カメラマンの地位を築き上げハワイに住んで居ます。

名前も 佐藤伝次郎  と変えました。  本命は 佐藤弘志 です。

今ではその昔が 懐かしいです。

ブレット(弾丸) 2017/02/17 (Fri)
1487312555.jpg 1487312650.jpg 1487312722.jpg 1487312842.jpg 1487312959.jpg 1487321183.JPG 写真は ブレット  です。

幾分短めですが 丸目のアウトライン、幅 、厚さの調整で予想以上の 性能を発揮して居ます。

ボトムのテール側の 6ウエーブチャンネル は ターンするごとにスピードアップ して行きます。

この板は 長さが  168 幅 53,75 厚さ6,6 です。

剛プロが気に入って使用して居る板です。

身長188センチ 体重も そこそこ有る方です。

ブレットは小さい波でも性能を発揮します。

鵠沼のスモールウエーブを スプレーを飛ばしながら フルスピードで抜けて行く写真は

かなりの説得力が有ります。

ブレットは ある日突然生まれて来た板では無いです。

何年も掛って 完成した 私の傑作作品の一つです。

6ウエーブチャンネルも 色々と試行錯誤してきた結果です。

鋭角なチャンネルから  柔らかなウエーブチャンネルに 行きつくまで  数年掛りました。

海の魚がそうであるように  水の中では 形状的に 決して 鋭角な物はで有ってはならない。

しかもターンした時に 水面をホールドし 推進力を増大させるウエーブチャンネルは

理想的な形状に落ち着きました。

春先に何本かシエープして 店にストックするつもりですが 忙しく中々其処まで手が回りません。

今日材料を手配したので 3月に入ったら各店用に削るつもりです。

今日は 有る資料を全部 露出して見たいと思います。

Prev ← [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] → Next