鈴木正の歴史 契約ライダー紹介
SAMURAI ブーツの特長 2016/12/10 (Sat)
1481341579.jpg 1481342118.jpg 1481342206.jpg 1481342294.jpg Samurai Spirits ブーツの 凄さは 

他には無い 開発力が 加わって居ます。

1.3mm で 内側は 遠赤外線 生地で 暖かいです。

2.先端は 足指が分かれて入る様に成って居て 素足感覚で踏ん張れます。

3.カカトに付いている引っ張り紐は履いたり脱ぐときに指が2本入り便利 です。

4.足の甲の部分の 緩みを抑えるために  両サイドに ゴムの目止めが入って居ます。
  
  良く ベルト付きのブーツを目にしますが  このベルトが 着たり 脱いだりの時に メチャ

  邪魔に成って、踏んずけたり 破損したりします。 こんな邪魔な物は要りません。

  Samurai ブーツは その辺が違います。  スッキリとしていて  しかも甲の部分をシッカリ

  抑えてくれます。

是非湘南3店舗  何処でも試しに履いて見てください。

如何に優れているかが その場で直ぐに 分かります。

これから冬場に向かって 身体は まず 足から冷えて来ます。

ッシッカリした  Samurai のブーツを履けば 真冬も安心です。

{良い物はやっぱり良い }  です。

      ¥ 6650 + tax = ¥ 7182

12月9日〜 クリスマスセールに入ったので  20% OFF \ 5746 です。



今日 10日 土曜日  GODDESSクリスマスパーテイです。

目の前の リキリキデリーズ にて  5時30分から受け付け 6時スタートです。

是非 参加してください。 
   

シエーピング 2016/12/08 (Thu)
1481152972.jpg 1481153061.jpg 1481153132.jpg 昨日シエープした スリーストリンガー です。

スリーストリンガーは  見て分かる様に  6mmの板が  補強材として

3本縦に入って居ます。

これに寄って 板の強度が増し 折れる事は殆ど有りません。

スプルース  と言って 硬く丈夫なウッド材です。

シエーパーに取っては とても大変で  スリーストリンガーが  削れるように成って

始めて一人前のシエーパーとして 認められる事に成ります。

何故 難しいかと言うと

木は硬く フォームは 柔らかいからです。

削って居れば 当然 柔らかい所と  硬い所は  段差  が出来ます。

その段差をなくしフラットに仕上げる事は 至難の業です。

特に  ノーズと テールの 微妙な レールの形状に 合わせる 部分は  

殆ど  彫刻の世界に成ります。

それを削る 特殊な 工具、  アメリカで買ってきた ベビー カンナ です。

日本のカンナと逆に 歯が立って居ます。 刃先が逆  と云う事は  少しの歯の出方で

引っかかるので  微調整しながら 先端の ウッドを削ります。

フォームに触れない様に ウッドだけを神経質に削ります。

ここが 最大の難関です。

スリーストリンガーを削れれば 1人前 と言われるのは そう言う所が由縁です。

又 スリーストリンガーは ノーマルフォームと比べて  2本ウッドがプラスされるので

その分 重く成りますが。  丈夫で長持ち、  と云う訳です。

この板は 恐らく 今後何十年 形として残てゆくでしょう。

使う人が変わっても  自分の作品として残って行く事は変わりません。

其れだけに シエーパーとして 完璧な板にしなければ成りません。

僕はどの板も 同じ気持ちでシエープに向き合って居ます。

ボトムに入れる サインはその為に入れています。

 

ツーピースボード 2016/12/04 (Sun)
1480813716.jpg 1480813959.jpg 中国で生産して居た  ツーピースボードの 生産が 一端打ち切られます。

中国  シンセンに有った工場が  中国国内の事情で  移転を強いられて

工場が閉鎖に追い込まれました。

そこで 次の製造先を見つけなければ成らず、幾つかの工場に折衝してきましたが

中々 複雑な製造工程が有るので、引き受けてくれる所が無く、

時間だけが過ぎて居て、苦慮して居たんですが

やっと興味を示して呉れる会社が現れ、先日も 先方の社長自らが

当社に来てくれて、基本的な合意点にたどり着きました。

パーツも 一から作らなければ成らず 非常にシビアな仕事に成ると思います。

私が持って居た パテントも既に20年以上経過し、特許権の効力も無くなり

新たに 違った形で パテント申請をしました。

御存じの様に 中国は 模造品を作るのは 長けているので、パテントは重要です。

27日〜30日迄 中国へ行って来ます。

製造工程の 技術指導です。

ツーピースボードの開発を手掛けて来たアメリカの MP社は 当社が開発した  ツーピースの

開発競争に  白旗を上げて 撤退しました。

今では当社の製品が 世界 優一 のツーピースボード と成りました。

SUPのツーピースは今後 世界に向けて発信して行く事に成ります。

日本人が開発したノウハウが世界のマーケットに出て行くナンテ、楽しい事です。

と言っても 今からが再スタートです。

自らが 多年に渡り 資金を投入し、苦労して作り上げた製品が 世界に向けて発信して行く

試金石  です。

私が考案した  ツーピースボードが  世界のトップブランドのボードに成って 世界中に流通

する日は そう遠くないと思います。

今回の中国行きは 重要なビジネスパーソンに成って来ます。

 
又、もう一つの課題は  

私のインターナショナルブランドSkeg Island (スケグアイランド) の復活です。

今回のもう一つの重要な ビジネスです。

以前 サーフテック社  との契約で 海外マーケットにも 販売実績はあります。

先方が望むなら 再び 挑戦して行く気持ちはあります。

その為に、一応 何本かの テンプレットは持参します。

契約が締結されたら 直ぐにモデル シエープしなければならないからです。

しかし、こちらの条件と 先方の考えている事が合致しなければ 契約に至りません。

其処が難しい所ですが、先日お会いし 

シエーパーとしてのTad Suzuki はかなりリスペクトしてくれていたので、楽観的です。


今日は 海岸線の道路は 封鎖されています。  マラソンの為です。

仕方ないですが、 海岸沿線の車対応の お店は  アウト  です。

天気は良いし 走って居る ランナーは  気持ち良いんでしょうね。

 

  

テームライダー  ユージンテール 2016/11/27 (Sun)
1480204631.jpg 1480204785.jpg 写真は 先日 御宿で 撮影した ショット  です。

(2枚目の写真は 昨年のJPSAでのハングテンです)

ユージンは  SAMURAI TEAM ライダーとして 活躍して居ます。

ハワイの ローカルで JPSAの大会に出場する 様に成って

結婚し御宿に住むように成りました。

今では自らのシエープルームを立ち上げ カスタムボードを製作して居ます。

今年から 来年初めに  海に近い場所に  SURF SHOPを オープンする予定です。

過去 JPSA ロングボード選手権で  2度のグランドチャンピオンに輝き

ランキングも常にシングルで 長年 ポジションをキープして居ます。

子供も 二人に成り  充実した 生活を送って居ます。

SHOPがオープンすると SAMURAI SPIRITS WET SUITS を並べて呉れる事に成って居ます。

一見 強面ですが 根はやさしく 彼の話し方に現れています。

僕が 彼と付き合う様に成ったのは  

カルフォルニア  サンタクルーズ の  サーフテック社が 日本に入って来た時に

日本人で 初めて サーフテック社と  シエープ契約したのがきっかけで

その時の 日本支社長のフレッド氏の紹介でした。

ユージンの板を削る事に成って 茅ケ崎のシエープルームに来て貰って

付きっきりで ユージンのモデルを 削りあげました。

かれは  其れに答えてくれて  見事 グランドチャンピオンに輝きました

それも  2度に渡っての結果で ユージンには とても感謝して居ます。

私のシエープ が世界に認められたのは  ユージンのお陰です。

ハワイアンのユージンが乗って居る事で  ハワイのローカルが 認めて乗ってくれて

ハワイでは  12店舗が  私の  ( SKEG ISLAND ) を扱ってくれて

かなりの台数が販売されました。

片腕を サメに食いちぎられた 有名女性サーファーの  映画が放映され

その中 のロングの大会風景の中にも 私の 9、6 の 板が 登場しました。

又、元 ワールドチャンピオンの デノミランダ  がマウイの ビッグウエーブを

立ったまま  チューブに 入って居る、その板も  私のスケグアイランド 9,2  でした。

今でも ユーチューブ で見れると思います。


そのユージンも 今では 自らのブランドを立ち上げて シエーパーとして  生活して居ます。

素晴らしい事です。

又 当社の  サムライスピリッツ  を使ってくれて 本当に感謝して居ます。

ユージンのSHOPが出来たら  出来るだけ サポートして行くつもりです。

先日会った時には  少し首を痛めて居て 辛そうでしたが

PROは 身体を酷使して居るので  今後は  年齢的な面で

身体のメンテナンスが 重要に成って来ます。

ショップも オープンするし、  ここ2年ぐらいは 頑張らないといけないと思います。

   フレー  フレー  ユウジン。   です。
 


昨日は千葉に行って居ました 2016/11/17 (Thu)
1479337102.jpg 1479337177.jpg 1479337372.jpg 1479337458.jpg 1479337548.jpg 1479337713.jpg 1479337808.jpg 1479337906.jpg 昨日朝 6時に SHOPに集合し 剛と 翔太を連れて

ユージンが待つ 御宿へ

湾岸に乗って 海ホタルを走り、キサラズ から 圏央道に繋がり9じの暫く走って 勝浦方面で降りて

一般道を走り 勝浦駅の裏側に出る。 

この道が一番早い。

昨日の 千葉は何処も 良い波が入って居る

ユージン家に付いて 暫くは シエープ 談義、  剛達は ユージンのシエープルームへ

僕は  撮影するので  そのカメラのセッテイング

3人そろって 近くの海へ

波は予想を上回って 良い感じで 割れている。

湘南を出る時は 北が強く  撮影は難しいかな、  と不安だったんですが

来て見ると 不安は吹っ飛び 殆ど無風状態

水の色も良いし 良い写真が撮れました。

ポイントは かなりクラウデイ(混雑)

その中で 若手の翔太は 何本も良い波を捕まえる。

剛は 少し抑え気味で{軽くやるから} と言って入って行ったので 本数は 落としている

ユージンも 少し首の調子が良くなくて 抑え気味

その為  今回は 翔太の 枚数が多い

NALU の12月号に 載せる写真を撮りに行って居るので それはお見せする事は出来ませんが

3人の SAMURAI が紙面を飾ります。

ショータは今シーズン 練習量も多く それは素直に結果としてランキングを上げている。

未だ 若いしこれからの延びしろは 期待できます。

ライデングもアグレッシブで キレも良くなってきている

剛と ユージンは この日は 軽く流している、  と云う感じですが

一端 波を捕まえると  其処は 彼らの持っているエキサイテングな映像に成っている。

良い波にヒットし、良い一日で、最高です。

アクセスも良く成り、千葉へのサーフトリップも 日帰りで 充分可能です。

やっぱり 物事 何でも ポジテブに 行かなければダメですね。

動けば 何かにぶつかるし、其れを乗り越えて また 先が有るんですね。

実は、今日から 中国に行く予定を組んで居ました。

所が先方の社長が 私の所に来てみたい。   と成って急遽 土曜日に茅ケ崎に来て頂ける

事に成って その時間を又 他に使えるので とてもありがたいです。

ユージンの所に行くのは久しぶりで

今度 ユージンが ビーチ沿いに SURF SHOPを 作ります。

その場所も見たいし、久しぶりに  TEAM SAMURAI SPIRITS 3人の写真も撮りたかったので

今回のトリップは  良い波、 良い天気(今一)に恵まれ 良い写真が撮れました。







Prev ← [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] → Next