鈴木正の歴史 契約ライダー紹介
昨日のスクール 2017/09/15 (Fri)
1505431199.jpg 昨日は15名のスクール生でした。

大学の部活の生徒さん達です。

送迎車  ハイエース10人乗り、 ハイエース8人乗り 2台を使っての送迎でした。

体重130キロの方も居て  SUP2台を用意しました。

スクールボードも 浮力のある 頑丈な物を選び 必ず乗れる様に準備しました。

此処の所 何故か、体重の多い方が 何人かいて

100キロ、  97キロの方の板もシエープしました。

昔浅草のちゃんこなべ屋の息子が  お相撲さん二人を連れて来て

2本板を作った事が有ります。  二人とも140キロぐらいでした。

色々な方が サーフィンに挑戦してもらう事は 素晴らしい事で

今後 湘南サーフィンアカデミー  としては どんな方にも対応出来る用具を

揃えて行きたいと考えています。

ハワイのマカハでは  体重のある選手だけの大会も有るぐらいで、

流石ハワイ、それも面白いと思います。

又、湘南サーフィンアカデミー では 今後 シニア向けの サーフィンスクールを検討して居ます。

50歳を過ぎ、60歳の定年を迎えた方等に対応する  特別メニューのスクールです。


湘南サーフィンアカデミー  はサーフィン専門の学校です

1年間かけて卒業して頂くメニューを検討中です。(卒業試験あり)

3年後のオリンピックに向けてサーフィンが世界初、日本で開催が決まりました。

国民総出で サーフィンを盛り上げて行かなければ成りません。

その節目に  シニア層のサーフィン人口をもっと増やして行きたいと思います。

又、サーフィンする事で 体調が良くなり、健康に気を使い、

海の素晴らしさを感じ取って頂けると思います。

台風18号が影響し 毎日波は入って居ます。

週末の3連休湘南にどう影響するか  心配です。

当社の 鵠沼での 試乗会も アウトかもしれません。

動きが鈍いので 意外と 良い波が届く事に成るかもしれません。

只 各地で 異常な雨が降り続いているので  あまり喜んでばかりは居られません。

直撃だけは避けて貰いたいですね。




クラブ員の野地先生テレビ出演です。  2017/09/14 (Thu)
1505367606.jpg 今年の6月 厚木に開業した  脳神経外科野地クリニック  の野地院長

野地先生が 9月15日 フジテレビ 19時〜 テレビ出演します。

健康に関する番組が多く成りましたが

遂に 我らが 野地先生が  テレビ出演する事に成りました。

時間のある方は為に成る番組なので是非見てください

写真右下の方が  野地先生です。

野地先生は  私のプライベートレッスンを何回も受講しました。

先生の時間の都合で真冬でも  朝 早く海に入りました。

冬場のワンシーズン  特訓し チエロキーに入る サイズの板を特注し

結構乗れる所まで来ました。

そして6月に 開業したので   その間相当大変だった様です。

ロビーには 私の削った、バルサのビンテージロングを飾って居ます。

待合室は 全て ハワイアン超で  明るく綺麗です。

では15日  19時から   フジテレビ  野地さんの話を聞いてみましょう。

自然石を使ったグラスフィンの置き物です。 2017/09/14 (Thu)
1505343455.jpg 1505343569.jpg 1505343643.jpg 自然石に埋め込んで製作した グラスフィンの置き物です。

価格は ¥9,800+taxです。

かなりリーズナブルな価格に成っております。

部屋の飾り、特に窓側に飾っておくと  カラ―ガスケルトンで 美しく癒されます。

又 友人への贈り物、 建築祝い、 誕生日、等

色々と素敵なプレゼントに成ると思います。

カラーは  レッド、ブルー、グリーン、パープル 等時々変わります。

数に限りが有るので 是非お早めに御用命ください。

地方への発送も承っております。

{グラスフィン置き物}です。

メール  info@goddess.co.jp
FAX 0467-87-4653
TEL 0467-86-1173

台風18号 サーファーならだれでも気に成りますね

湘南は1昨日、昨日も 波は良いです。

18号は最初左に向かって居たのに今後北に向きを変えつつあります。

サーファーに取っては実に良い傾向です。

今日はスクール15名入って居ます。

10人乗り、8人乗りの2台の送迎車で 、茅ケ崎、辻堂 によって鵠沼のスクールにお連れします。

これからがスクールには最も適しています。

鵠沼の海も 解放され エリアは広く成りました。

今日の波はスクールには最適です。

湘南サーフィンアカデミー のスクールは  安全第一

足の付く所で 指導します。  学校ですので 毎日開校して居ます。

座学で  サーフィンの歴史、安全、ルール、カレントからの脱出方法、等

基礎的な事を座学で教えて  その後にビーチに向かいます。

サーフィンの正しい 知識、ルールを教えて行くのが 湘南サーフィンアカデミーの基本です。

週末、月曜日の 連休   試乗会を予定して居ますが

台風の影響で微妙に成って来ました。

直前で 対応して行かなければならないと考えています。

さあ、今日は良い天気、波もサイズがそこそこ、  一生懸命働きましょう。

第52回全日本サーフィン選手権大会公式ページ 2017/09/13 (Wed)
1505274380.jpg 1505274506.jpg 1505274601.jpg 1505274715.jpg 1505274811.jpg 1505274931.jpg 1505275014.jpg 1505275202.jpg 8月22日〜27日 静岡磐田市 豊浜海岸で開催された

第52回全日本サーフィン選手権大会公式ページに載った表彰式の 資料です。

支部名で紹介すると左からリザルト順です。

私が  茅ケ崎
     静岡
     藤沢
     大阪   です。

他の写真は茅ケ崎支部メンバーが撮影してくれた写真等

全日本の公式ページに載った写真  ランダムに紹介させて頂きました。

優勝すると 色々な人が 記念撮影に来てくれます。

  有難うございます。

支部のキッズ達が 疲れて上がって来た 僕の板を運んでくれて スゴク助かりました。

支部長の気使いからだと思いますが 嬉しく、感謝します。

ファイナルデイ は最も波のサイズが落ちて  難しい波でした。

予選1回戦で  10点満点を出したのが  いまだに夢の様です。

僕のサーフィン人生の中で  試合で 10点満点を記録したのは これが初めてで

恐らく 今後の大会で 10点満点は 出す事はありません。

本当に ラッキーだったと思います。

9月に入り 既に全日本は過去の物に成って居ますが

この思い出を大切に 今後も一生懸命努力し

又 来年の全日本を目指して練習して行きたいと思います。

写真を撮ってくれた皆さん 本当に有難う。大切に保存しておきます。

伊良湖のバリハイの武藤君 椎名氏のツーショット 2017/09/12 (Tue)
1505190931.jpg 二人とも良い顔してますね。

僕に負けじともオトラナイ 程の サーフィンクレージー オジサンです。

椎名氏は 今日本一周サーフィンツアー中です。

四国 和歌山 伊勢を回って 今週末 伊良湖 ロコポイントで開催される

ロングの大会に出るために 伊良湖に戻って来て居ます。

武藤君は伊良湖を 代表する レジェンド でロコポイントの主みたいなものです。

椎名氏は 浦安の テージェイズ サーフの オーナーです。

二人とも 年季の入った いぶし銀の様なサーフィンをします。

僕は こんなサーファーが大好きです。((笑))

サーフィン大好き人間は 誰でも 好きですが この二人クラスに成ると

最早その枠をとっくに抜きさり 一切の妥協を許さない所までのぼりつめて来て居ます。

サーフィンする事が 何よりも勝って居て 崇高ささえ感じ取れます。

  波乗りって、サーフィンって、  一体何なんでしょうね

   いまだにそれが 分かりません。

有名な登山家が  エベレストを目の前にして 言った言葉に

{ 山が其処にあるから}  と云いました。

サーファーも それと一緒で  {其処に波が有るから} です。

其れで お金がもらえる訳でもなく、タダタダ ヘトヘトに疲れる訳です。

誰かに頼まれて海に入る訳でもなく 飽く迄も 一人で 自発的に海に入る訳です。

腹は減るし、波が無ければ 千葉、茨城にも行きます。

お金もかかるし 時間も費やします。

只 良い波に乗る為にです。

それでも 波に乗りたい、 

ある意味  幸せなんでしょうね。  其れに気が付かなければいけないですね。

この二人の クレージー振りをみていると、僕も 同じ人種なんでしょうね。(笑)

武藤君は 名古屋から 2時間ぐらい掛って伊良湖に通っている訳で、

直ぐ海に入れる訳では有りません。

椎名氏も 浦安から 何処に行くにも 時間は掛って居ます。

こんな二人が 伊良湖で こんな良い顔でツーショットナンテ 中々有り得ない事です。

でもこれがサーファーだからです。

何処にでも自分と一緒のサーファーは居ます。お互いが旅の途中 息抜きできる場所が

必要です。  椎名氏に取って 伊良湖は居心地の良い場所  と云う事に成ります。

今週末の大会は  18号が影響し 良い波に成ると思います。

大会の成功を 茅ケ崎から祈願して居ます。

Prev ← [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] → Next