鈴木正の歴史 契約ライダー紹介
SHOP下の波 2017/08/09 (Wed)
1502251578.jpg 1502251715.jpg 1502251927.jpg 1502252011.jpg 1502252078.jpg 1502252141.jpg 1502252229.jpg 1502252296.jpg 昨日 久方ぶりに SHOP下が ヒットしました。

左側のポイントは   剛PROと 康平君 しか居なくて

ほぼ貸し切り状態。

時々 アウトから入るスエルは 新島 ハブシ に似ていて

水量も厚く ハードな コンデション

最初の写真は 剛の パドリング開始、この位置 からテイクオフの タイミングに

合わせて行く。

掘れた所での レイトテイクオフ、ほぼドロップ状態 

ボトムでシッカリ 貯めて リップでのカットバック

一連の流れのマニューバーライン。

剛は ロングのPROですが

板は どのカテゴリー  でもこなします。

この日の板は ショートで 幅が48センチ、

彼の身体からしたら かなりハードなスキルと成っている。

 続いて 鵠沼店 店長  康平君の ボトムから リップ。

このシチュエイションも 長年の経験から 生まれた 自然の流れで

ポジション、板の切れ  どれも申し分のない 流れを作って居る。

台風5号の 最後のうねりで やっとSHOP下に届いた。  と云う感じです。

この映像から 何か 参考にして頂ければ 幸いです。

(写真は複数の波を組み合わせたものも入って居ます。)


     photo by Tad Suzuki

早朝の 茅ケ崎 2017/08/06 (Sun)
1502005611.jpg この波 ヤバイですね

台風5号 のお陰です。

湘南に波が入り出してから もう10日は 経ちます。

ほぼ 毎日海に入って居ます。

只 波は有るけど 今一で 中々 良い波に乗れず  ストレス だけが溜まった時期も有ります。

昨日、一昨日 茅ケ崎は 最高の波に成りました。

今朝も 良かったです。

人も 多いので 4〜5本 満足の行く波を捕まえた時は 早々に上がります。

そして 時間差を見て 良い条件の時に 再度 入る様にしています。

昨日は3ラウンド入りました。

早い時間と 3ラウンド目が かなりヒットしました。

朝方と云うか真夜中  と云うか世界陸上競技

ボルトの最後の雄姿が見たくて テレビにかじりついて居ました。

スタートで 出遅れて  何時もなら 後半で抜き去る。  と云うのが

ボルト だったんですが その加速は見られず あっけなく 3位 でした。

金メダルは アメリカの ガトリン 2位 同じくアメリカのコールマン若干21歳の若者です。

ボルトは 30歳 ガトリン35歳

ボルトの陰で12年間 何時も 地獄を味わってきた 35歳のガトリンが

引退するボルトに 引導を渡した格好に成ってしまいました。

ガトリンは電光掲示板  で 自分がゴールドだった事が 分かった瞬間

地面に付して 涙を流しました。

3位に終わってしまったボルト、誰もが想定出来ない結果だったと思います。

有終の美を 金メダルで終わらせたい。  終わるだろう。   と殆どの人がそれを

願って居たのに  3位と云う結果が 観衆をして許せなかったんだと、思います。

ゴールドメダリストに輝いた  ガトリン 選手に  ブーインが 湧きあがってしまって。

何かふに落ちない ボルト選手の 引退劇に成ってしまいました。

それでもガトリンは 観客席に居る  両親の元に駆け寄って

両親と抱き合っている姿を見た時 僕も 涙がこぼれおちました。

35歳と云う年齢、常にボルトと戦って その前を走る事が出来ませんでした。

12年間 どれほどの辛い練習を積んで来たんだろう。   と云う思いが

僕の胸を打ち 涙が 溢れました。

ボルトの偉業は  誰も真似できません。 素晴らしい選手です。

今後も バラ色の人生が 約束されていると思います。

でも私は 努力して努力して ずっと勝てなかった。ガトリン選手 

最後の最後で ボルトを葬った 彼のアスリート 人生の方が 胸を打ちました。

勝った選手がブーイングを受ける。  ある意味 こんな幸せは無いと思います。

憎悪のブーイングでは無くて  ボルト選手に対する 観衆の有終の美 愛情表現で

ガトリンを侮辱して居る物では無い、と理解して居ます。

又日本人アスリートとして 初め100メートル競技で決勝に残れるチャンスに

恵まれた サニー 選手が準決勝のスタートでつまずく、と云う初歩的な

失態をしてしまいました。

色々な想像を絶する ドラマが繰り広げられる世紀の大会で チャンスを失ってしまいました。

朝方、世界陸上、 テレビにハマっているので  眠くて  大変です。

それでも 波が有れば 海は絶対です。

世界陸上はマダマダ 続くので この先も多くの感動を与えてくれる事でしょう。

 

私の板 売りに出します 2017/08/04 (Fri)
1501801601.jpg 1501801670.jpg 1501801739.jpg 1501801808.jpg 私が 使って居る板 売りに出したいと思います。

素材は EPSで 軽量 で丈夫な板です。

デッキが凹むのが嫌いで デッキは 補強されています。

サイズは  9,2 x 59 x 8,0  です。

テールのレールの補強も カーボンファイバーで やってあります。

これはリーシュコードの 引っ張りに寄る レールの亀裂を防ぐために補強してあります。

又 私のスポンサー   アストロデッキを 装備してあります。

私の体重は  75キロ前後です。

殆ど 新品同様、 是非 使って見てください。

EPS + エポキシ 仕上げの オーダー 価格は  ¥250,000〜  ですが

一端使用しているので  ¥198,000+tax です。

早めにご注文頂ければ 剛PROのシグネチャモデルの グラスフィンをサービスします。

この板で実際に私が乗って居る画像も載せて置きます。

体重 68キロ〜  78キロぐらいの方に 最適です。

ノーズも 楽に出来るし  どちらかと言うと マニューバー系の 板です。

茅ケ崎店に置いてあります。

何時でも見に来て 触って見て  検討して頂ければ  と思います。

茅ケ崎 今日も良い波が入って居ます。 2017/08/03 (Thu)
1501717850.jpg 1501717948.jpg 茅ケ崎は5号台風のお陰で  此処の所 毎日 Good Wave です。

毎日 入っているので  身体の方が バッテリー が上がって来て居て

一昨日 右腿  と左足のふとももを 少し痛めました。

だからと言って海に入れない程の事は無く、ナントカ継続してやれています。

右の太ももは 今 紫色にはれていますが

スノーボードで 転んだ時も 同じ様な症状は置きます。

打撲で 大した事はありません。

5号台風は 見込み通り 上に向かったり  横に走ったりで

東海上をウロウロしてくれるので  その分 波だけが湘南海岸に届く、  と云う訳です。

今朝の天気図に依れば  またまた 東海上に  11号が発生しました。

ホント ヤバイですね。

早い所仕事をこなし 海に行ける様にしなければならないですね。

今朝もオフショアに風が代わって  ほぼ 一日 良い波に成りそうです。

今日は小潮であわてる必要は無いです。

良い時間帯を狙って 海に入るのが良いと思います。

デニーズの何時もの場所に陣取って居ると  良く来られる近所のオジサンとおばさんが

畑で取れた キュウリを頂きました。

玉ねぎを貰った事も有ります。

デニースは何時も来て居ると デニーズの世界が有って、色々な人生ドラマが体験できます。

色々な方と接触します。

自分に取って  朝の約2時間程  この時間は 本当に大事な時間です。

今日も頑張っていきたいと思います。

先日の 何でも鑑定団の映像です 2017/08/02 (Wed)
1501630457.jpg 1501630536.jpg 1501631035.jpg 先日 駿河太郎氏 が持ちこんだ  ロングの鑑定 依頼が来て

出演させて頂きました。

板は ナットヤングの ロングで 太郎氏が  友人から手に入れた物の様です。

本人からは 希望価格  ¥200,000 が提示されましたが、

慎重に 見させて頂き  私が出した 査定額は  ¥80,000  です。

ギャラリーは この格差に 驚き 驚嘆する所が この番組の 真骨頂で

この日も多くのギャラリーが 歓声を上げて 楽しんでくれました。

私も 今回が 3回目で  スタジヲの雰囲気がだいぶ慣れて来て

そつなくこなす事が出来ました。

司会の今田コウジ氏の絶妙な語り口は素晴らしく 笑いが絶える事が無く

プロの仕事ぶりを目の当たりに見て 驚きと 尊敬でした。

何でも鑑定団は テレビ東京の 冠番組で  多くの視聴者の人気を博して居ます。

私は 何にでも興味は持つ方で 色々な場面に遭遇し  

良い勉強をさせていただいて居ます。

1回目は  デールベルジー のビンテージロングの鑑定で

尊敬する ベルジ‐が他界されて その板を鑑定するのに 恐る恐る でした。

間違った事は言えないし 彼のシエーピングに関する数多くの歴史をたどり、

其処に ハワイのビーチバムをしていた   ドナルドタカヤマを見出し

カルフォルニアに 呼び寄せ シエーピングを1から 教えて行って

後に  ドナルドは 世界に名がとどろく ナンバーワン シエーパーに成って行く訳です。

その立役者が  ベルジー  でした。

今は 彼が亡きあと ベルジーのサインが入った板は  ビンテージと成って コレクターに

集められて居ます。

今回 太郎氏が持ちこんだ ナットの板が 当初ドナルドタカヤマが 削って居た物なら

相当の価値が生まれていたんでしょうが

ドナルドのサインは無く ロ二‐ウッドワード のロゴがデッキに入ったものでした。

ロ二‐ は勿論 ナットが信頼するシエーパーでは有りますが

未だ、プレミアを生む程の物では無く 

板の消耗度から  ¥80,000の査定をしました。

本来現況では (傷、凹み) 中古として  ¥60,000位です

只 大物芸能人  ツルベイ師匠の 息子さん

駿河太郎氏が 使って居た板  と成ると  + ¥20、000

合わせて  ¥80,000  と云う事に成ります

鑑定依頼が舞い込むと 何時も資料に目を通し 分からない事は  カルフォルニア、

オーストラリア、ハワイ と 知り合いに資料を集めて貰って

間違いのない  正確な 判定をする様に勤めています。

2回目の  茅ケ崎館で発見された ハワイの古い歴史に出て来る

コアの木で出来た木製のサーフボードの 鑑定依頼が来た時は 流石に 緊張しました。

今でも ハワイのビショップ博物館に所蔵されている あの 木製の 板と同じ物です。

色々と調べ ハワイの友人にもオファー  し、分かった事は

それが本物で 程度が良ければ ハワイのビショップ博物館が 買い取りに来る。

位の貴重な物で  ¥12、000、000 はする。と云う事でした。

ところが 茅ケ崎館は  その歴史の中で  その価値観が分かる人がいなかったんでしょう。

庭の ベンチにして  5寸釘を打ち付けて 風雪の中 堪えて来たんでしょう。

かなり風化し、 ナントカ原型はとどめて居ましたが

査定すると成ると 難しく  結局  ¥3、000、000  を付けました。

今では 茅ケ崎館の お宝として 老舗旅館の 玄関に  飾ってあります。

この時の一般人 ギャラリー の反応は 大きく 

何でこんな古い丸太みたいな木が  300万もするのか?

と云う感嘆の声だった、と記憶して居ます。

茅ケ崎館の先代の更に先代が ハイカラな人で 船に乗って居て

世界中 色々と珍しい物を日本に持って帰った様でその時の 砂浜で板を立てて撮影した

写真も茅ケ崎館には保存されていました。これが証拠です。

このハワイの原住民がサーフィンに興じていた頃の 木製の板が 発見された事で

茅ケ崎は 紛れも無く 日本のサーフィンの発生の地。

と言って良いと思います。

さあ、次の鑑定は何時に成るやら、  、又 秘蔵の板が

テレビ局に 持ちこまれると 良いですね。

今日は 8月2日 少しひんやりした気候ですが  

台風5号が 少し ウロウロしてくれているおかげで  今日も 少しは波はあります。

時間を見て 海に入れると思います。

今日も元気で、明るく 一生懸命  仕事しましょう。

Prev ← [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] → Next