鈴木正の歴史 契約ライダー紹介
New Bullet 2017/04/07 (Fri)
1491530624.jpg 1491530697.jpg 1491530766.jpg 昨日削った New Bullet は改良型です

そんなに大きな改良は有りません

変わった所は  2点で

1点は   ノーズの形状が 丸く成りました

もう1点は ノーズロッカーを幾分 抑えました。

ブレット(弾丸)は ネーミングの通り 素晴らしいスピードを得る事が出来ます。

中、上級者向けの板で  スペックも  168 x 54 x 6,8  です。

剛プロの身長は188p 体重は ほぼ 82キロ周辺です。

剛プロが このスペックの板で スモールウエーブをバンバン行ける と云う事は

殆どのユーザーが使用できると云う証明 です。

テールに 6本のウエーブチャンネルが入って居ます。

小さな波でも ターンするごとに 加速し スピードを得る事が可能です。

改良型は ロッカーを少し落としたので  更に テイクオフは早く成ります。

鵠沼店に展示用に削ったブレットを 剛が気に入って何時も車に積んで居るので

中々 見る事が難しいですが

今日削ったブレットと  もう1本 チャンネルを8本に増やした試作品が 今月末までには

完成するので  鵠沼、辻堂店に1本ずつ 展示します。

是非 手にして触って見て 感触を確かめてみてください。

又 更に サーフィンが楽しく成るモデル  です。

ニューモデルテストライド 2017/04/06 (Thu)
1491432030.jpg 1491432122.jpg 1491432234.jpg 1491432329.jpg 1491432409.jpg 写真は 剛プロ、佐藤、銀侍 3人が NoosaModel を テストライドしている所です。

波サイズは小さいですが テストは 返って このぐらいのサイズの時が

板のテストとしては良い状況です。

重量

浮力バランス

テイクオフの滑り出し

ノーズ  

板の操作  等

結果として複数のライダーの評価が重要で、 あまりに3人の評価が高く

私自身その次の日 ほぼ1日  テストライドしました。

その結果  ネーミングの変更が検討され { NoosaModel } は

{ Master Shape} と ネーミングは  変わります。

マスターシエープは テスト結果が良く 製品化される事にきまりました。

今から モールド修正をし仕上がるには  少し時間が掛りますが  5月末を予定して居ます。

ネーミング変更は 今まで無かった事で オーストラリア ヌーサの波をイメージして

シエープした板で ノーズ系を重視して 開発してきましたが

実際に出来あがって試乗テストして見たら  複数のテストライダーから 違った意見が出て来て

急遽ネーミング変更に成りました。

ノーズ系のヌーサモデルは  また時間を見て開発したいと思います。 

Master Shape と云うネーミングの意味は

ひと言で言うと  { ロングボードの基本 }  と云う意味で 

ロングボードの 楽しさの全てが入って居る板。  と云う意味です。

それは { 長さ、幅、厚さ、アウトライン、浮力、ロッカー、バランス、 重量、操作性、}

全てが備わった  基本中の基本が全て備わっている、板。

と云う事に成ります。 

モールド製で製作するので  軽量で、丈夫、 しかも 

価格的に リーズナブル(未だ決定されていませんが) 魅力的な価格に成ると思います。

今 カラーリング、ロゴの設定 、等進めて居ますが、非常に楽しみな板に成ると思います。

スペックは  9,2 x 58 x 8,2 誰が乗っても楽に乗れるスペックに成って居ます。

センター厚を出してバランス良く、パドリングがイージーで、誰でも楽に乗れる様にして居ますが  

レールは  ローレールで ボテッと した感じは有りません。安定したスピードを得る事が出来ます。

コンペチターが  大会で使用する事も 充分に考慮されています。

早いテイクオフと 強めのノーズロッカー、大会で充分使える板です。

ロング この1本に全てが集約されている 基本中の基本の 1本です。

カラーデザインは   2パターン の予定です

    ホワイト一色
    レッド一色    
    ロゴは 丸ロゴ のみです。

誰が乗っても楽に乗れるスペックに成って居ます。

価格設定は未だハッキリはして居ませんが ¥168000 位で行きたいと考えて居ます。

クラブ員はこの価格から  10%OFFに成ります。

早期予約承ります。  湘南3店舗  何処でも承ります。

初期入荷台数は少なめです。

ご予約の早い順に御引き渡し出来ると思います。

宜しくお願い致します。

つるちゃん来る 2017/04/04 (Tue)
1491309990.jpg 今日は 久しぶりに  つるちゃんが茅ケ崎に来てくれました。

暫く会って居なかったので 話に花が咲いて  楽しい時間を過ごせました。

つるちゃんはこれから先 全国30か所のツアーが始まるので 

暫くは 海とは離れて居なければ成らず 残念がって居ました。

丁度 店のすぐ近くにオープンした  ラーメン店の   サーファー仲間も来て

良い時間が過ごせました。

5月7日まで辻堂のココテラスで つるちゃんのの個展が開催されているので

見に行って来ました。

広々とした場所に  マルチな  つるちゃんの作品が沢山飾ってあって、是非 見に行ってください。

私と 剛が削った板も飾ってあります。

つるちゃん これから始まる長いツアー 身体に気を付けて頑張ってくだい。

3月30日朝日新聞朝刊神奈川版 2017/04/03 (Mon)
1491173199.jpg 朝日新聞 神奈川版の { 人 }  と云うコーナーに 取りあげて頂きました。

今回は  サーフボード作りの職人  として取りあげて頂きました。

内容的には 何時も同じ  と云う感 は否めませんが、

非常にリアルな  内容に成って居ます。

又、サーフィンが 開催国の推薦枠に登り 時間は掛りましたが

日本で開催される オリンピックの正式種目として世界初、脚光を浴びる事に成りました。

神奈川県もその開催地候補に名乗りを上げ、  私も微力ですが  その誘致委員会の

メンバーに成り、世界のサーフィン状況等 映像を使って 説明はしました。

その中に ウエーブプールを作る案が浮上し、

世界の人工波の映像もまとめて 披露したり 努力に努めました。

しかし、流れは 波に恵まれた千葉が候補として優位な立場に居て、時間の経過とともに

神奈川は 意識が薄れて来ました。

茅ケ崎の海岸線の広大な ゴルフ場が  空いて居て、その県有地を活かして

人工波を作る、と云う構想も有りました。

セガインタープライズが  交渉相手として上がり 上のレベルで 交渉は進みましたが

結果的にはオリンピック後の 利用度の 予想が立たず セガが降りました。

その後はこの構想を受けるところが無く しぼんでしまいました。

しかし 個人的には  8月の夏真っ盛りに  湘南の海の混雑、肝心の波、  

交通渋滞、宿泊施設 等 現実的な問題を付きつけられると、問題は山積して居て、

むしろ 千葉にきまってくれて  良かった。 と思うのが本音です。

千葉なら 夏の8月は 波は保証されています。 駐車場も確保出来るし

点在した 宿泊施設も多く、受け入れ先としては まあ、問題は無いと思います。 

何よりもNSA千葉東支部の組織は 大会運営に 秀でて居て、安心して動向を見て居られると

思います。 

今回の朝日新聞の取材は  私のシエーパー 職人  として取りあげて頂きましたが、

僅かなスペースに 上手く 私の半生を記録してくれました。

取材された方がサーフィンに精通している方では無いと思います。 

記事的に 少し満たされない所も有りますが お許しください。

本当に 本当に微力ですが  側面から 私に何か出来る事が有れば

お手伝いさせてもらえれば、 と云う気持ちです。

もう少し先に成ると思いますが  当社の3店舗 に  

WELL CAME のバナーは出して行きたいと 考えて居ます。

ここ湘南でも 記念すべき サーフィンのオリンピックは  盛り上げて行かなければならない。

と思います。  県レベルで  歩道橋に  垂れ幕は  出して貰いたいと思います。


ゲージの製作 2017/04/02 (Sun)
1491142686.jpg 1491142810.jpg 1491142886.jpg 1491142998.jpg 1491143072.jpg 板の厚さを正確に計るゲージを製作しました。

ホームセンターに行って探しても サーフボードの厚さを測定するゲージは市販されていません。

そんな時に 僕の発明心は  刺激を受けます。

ホームセンターに行って 色々と考えを膨らませます。

有るものを集めて 工夫して出来ないか。   です。

まず、金尺 です。  メモリが分かりやすいホワイト板を選び  その2枚が 

アルミのチャンネルの中を スムースにスライドする事を念頭に置いて

そのパーツをリサーチします。  2枚の金尺 がガタガタしないで  スーと軽く動く、

此処がポイントで、アルミ機材の中に  丁度良いのが見つかりました。

このアルミのチャンネルが無かったら こんなに上手くは出来なかったと思います。

そして計った時に ゲージが動かない様に  固定するパーツが必要で

又 他の場所で ミニ万力  を発見しました。

そしてこのパーツ、 (金属、アルミ、木)を接着する  万能接着剤を見つけて

茅ケ崎店へ持ちかえり 作業台の上で  試行錯誤しながら 2〜3日 かけて

接着に時間を費やし、 今日 完成しました。

早速板厚の測定に掛って見ると スゴク便利で  しかも 正確な数値を確信できました。

我ながら  アッパレ  って感じです。

金尺  のメモリが見やすく フラットな ボトムに合わせて デッキに挟むと

非常に正確な板厚を測定する事が出来ます。

良い物が完成しました。

各店へ  1台ずつ  備える様に製作します。

今まで  板の長さ、幅 はスケールで正確に計る事が出来ましたが

この板厚ゲージが出来た事で  板の 厚さ を正確に計る事が出来るように成りました。

Prev ← [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] → Next