鈴木正の歴史 契約ライダー紹介
今日はシエープデイ 2017/02/09 (Thu)
1486617415.jpg 1486617652.jpg 1486617732.jpg 1486617822.jpg 今日は 7時30分から シエーピングです。

克っちゃんに工場を開けて貰って、早くからシエーピング しました。

写真は ブレット のウエーブチャンネル  です。

何時見ても 美しく 機能的に 凄い物を持って居ます。

息子の剛が 気に入って 車に積みっぱなしの ブレットは 

長さ 168p です。

身長 187pの 身体で 上手く、スピーデイー に、乗って居るのが、不思議です。

8チャンネルから得られるスピードは 半端じゃなく、

小さい波でもスプレイを飛ばし  カットンデ 居ます。

他の1本は ドリーミーのニューモデル です。

朝の内はメッチャ  寒いですが、 10分もすれば 身体が温まって 何も問題は有りません。

2本共データー化する為の 板で、慎重に削って居ます。



楽しみです。

通信制高校 サポート校 専用車にロゴが入りました。 2017/02/08 (Wed)
1486539793.jpg 通信制高校の サポート校として

{湘南サーフィンアカデミー } 高等部の専用車にロゴが入りました。

送迎専用車は 10人乗りです。

他にもう1台 8人乗りが 有ります。

サーフトリップや  研修時の移動に使用します。

写真は {湘南サーフィンアカデミー 茅ケ崎校 }  です。

鵠沼校 が混雑して海での授業が難しい時や、波がデカすぎる時、等

その時の状況に合わせて 茅ケ崎校を使用します。

{湘南サーフィンアカデミー } の最も良い点は 

湘南3か所  (鵠沼校、辻堂校、茅ケ崎校 )何処でも利用可能な点です。

3年間 思う存分 サーフィンに没頭し  高校卒業資格が取れる事です。

4月の入学を目標に 現在 新入生 募集中です。

尚 NSA2級、過去の大会成績等、実技テストを見て   

{特対生)制度も用意されています。

是非相談掛けてください。

ノーズライダー 2017/02/07 (Tue)
1486472348.jpg 1486472447.jpg 1486472513.jpg 1486472577.jpg 今日は2本シエープが自分に課したノルマ で朝7時過ぎから 工場へ入りました。

1本目は 9,2 のマニューバー系の ロング

2本目が 写真のノーズライダーです。

過去、何本かは デザインしてきましたが、今回のノーズライダーは

その究極のモデルに成ります。

1.アウトライン
2.ノーズ形状
3.テールの理論的なシエープデザイン
4.ノーズボトムコンケーブの新しいコンセプト
5・ロッカー
6.レール形状
7・浮力バランス

以上の7項目が 改良を加えて ノーズライダーの定番モデルに成って行きます。

(この7項目の細部の説明は又後日報告します。)重要です。

今日削った板が この後工場のラインに入り 完成後 CPにデーター入力し、

海外の生産工場に送られ、モールド化されて  サンプルが出来あがってくるには

相当数の日数が掛ります。

今日削った2本、この後3本シエープします。

合計5本が 海外向けに生産される  SKEG ISLAND のニュウ ラインナップに 成って行きます。

SKEG ISLANDは  以前 サーフテック社と契約し 世界に販売された

当社のインターナショナルブランドで

昨年の夏、海外から オファーが来て、年末の押し迫った時に先方の会社に行って来ました。

 SKEG ISLANDの復活に向けて エンジンを掛けなければ成りません。

日本人シエープの板が世界に出て行く訳で、日本人として 恥ずかしくない板をデザインしなければ

成りません。  そんな責任感も感じながら ニューモデルの製作に入って居ます。

勿論 少し先に成りますが 日本へも入って来ます。

製品のテストは全て日本でやります。

当社の TEAM GODDESSの  プロ達が乗り込んで その結果で 改良が加わり

本製品に成って行きます。

乗り味、強度、バランス、色々とテストデーターは 必要です。

良い物、価値観の高い商品を製品化するには  時間が必要です。

{良い物は 良い }  を確立して行くには  R&D は絶対に欠かす事は出来ません。

必ず良い物を作ります。 待っててください。

私が書いた本です。 2017/02/05 (Sun)
1486275488.jpg {人生はサーフィン、大きな波に乗れ } 私、鈴木正が書いた本です。

昨年、発売以来  多くの方から  読んだ後の感想を頂いて居ます。

{この本を読んで 自分が今まで如何に甘かったかが良く分かりました。
スゴク勉強に成ります}

{こんなに為に成る本  クラブ員さんに読んでほしい}

{何がショックだったかと言うと、 人生は短い、  と云う言葉で 今後時間と云う物をスゴク
 感じるように成りました。有難うございます}

{僕もこれから独立して何かをやろうとしているんですが どうして良いか分からず、
本気の度合いが見えて来ました。}

{兎に角 面白くて  何回も読みました。友達にも買ってプレゼントしました }

{僕の事を書いて居てくれて 100冊まとめ買いし  社員に配りました }

今は 発売当初よりは 売り上げの  冊数は落ちて来て居ますが。

10冊まとめて買って頂いている方、友人に買って読ませたい。 等 意外な結果が出て来て居ます。

100冊買って頂いた方は  実は 私がサーフィンをスタートした頃、

茅ケ崎の長谷川家具 で配達のバイトをしていた時の   理解のある社長さんです。

家具マート長谷川 と云う店舗の 店頭に 自分が手作りした サーフボードを陳列させて貰った

懐かしい場所です。

其処から 始まった、と言って良いと思います。

私がこの本を書き始めて 気が付いた事は、自分では まっしぐらに走り続けて来た

50年、書き始めたら  その内容の起伏の多さに 我ながら驚かされた事です。

紆余曲折   と言いますね。  全く其れを地で行った様な人生でした。

74歳に成り  マダマダ 私の サーフィンライフは終わりでは無いですが、

今は この本を時々読みなおし その内容の濃さに、書いて良かった。  

と思える様に成りました。

是非買って読んでください。

決して無駄には成りません。 全て事実に基づいて書いているので キット何かの参考に

成ると思います。

{人生はサーフィン 大きな波に乗れ }   です。

辛抱し   努力し、ガンバッテ居れば 良い波は必ず来ます。

その良い波が来た時に 上手く乗れるように 日常的に  自らのスキルを上げて行かないと

ビッグウエーブには乗れません。

私の 本は  そんな事がびっしり  書かれています。

アマゾン、ヤフー、創英社、三省堂書店、 何処でも取れます。

発行は  セルバ出版   です。

GODDESS湘南3店舗でも扱って居ます。

茅ケ崎の パルバルスポーツクラブでもフロントで扱って居ます。

貴方の人生に必ず プラスに成ります。

是非 読んでみてください。  有難うございます。

PROが撮ってくれたショット 2017/02/05 (Sun)
1486255936.jpg 1486256012.jpg 1486256077.jpg 先日のロイアルヒル スラロームレース  で優勝した時の写真ですが

プロカメラマンが撮ってくれた貴重なショットが フェイスブック等で 流れているのを

名古屋の友人が送ってくれました。

こんなオジサンでも 自分の成績が映像と成って流れている事を知って

とてもうれしく思います。

毎年3月一杯は 山に行く事は続けて居ます。

勿論本業は サーファーです。 波が良ければ海に入って居ます。

スノーボードは飽く迄も  冬場のサーフィンの為の トレーニングの一部です。

2枚目の写真はインスぺクションと言って、デラパージュ(横滑り)でコースの下見をしている所です。

3枚目は スタート地点の 映像です。

お名前もお聞きして居ませんが

撮影して頂き本当に有難うございます。

僕はスノーボードが本業では無いので  何時も静波の ボビッシュの堀君に

お世話に成って居ます。

今回のレースは  GODDESSのオリジナル アルペンボードで  滑りましたが

次回からは  堀君が用意してくれた 小賀坂の メタルボードに乗ります。

メタルが芯材に入っているので  少し硬目でシッカリとしたフレックスで

ソールの ピーテックスも綺麗で 走りそうな板です。

公式なレースに出るには  協会の公式用品 (板、ブーツ)を使用しないと出場できません。

JPSAもそうですが、協会の運営資金を得るために必要な措置です。

チームも ボビッシュチームに入って居ます。

堀君は  今回のレースも優勝し  僕の  師匠です。

来週 また時間を見て滑りに行く予定です。


Prev ← [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] → Next