鈴木正の歴史 契約ライダー紹介
湘南サーフィンアカデミー高等部 体験スクール 2017/11/08 (Wed)
1510099850.jpg 11月4日 湘南サーフィンアカデミー 高等部(通信制高校サポート校)

が実施したサーフィン体験スクールに

横浜の中学生 K君が参加してくれました。

又 当校の提携先の  大磯  星槎高校のスタッフも一緒に体験されました。

先生は  英さん です。

英さんは全日本出場経験も有り ショート系で 当校のイントラ経験も長く

教え方には定評が有ります。

海でのサーフィン実習が2時間

スクールが終わった後も  K君はもっとやりたい。  とスゴク積極的で暫くやってから

教室に戻って来ました。

この日は 親御さんとの事業説明会でもあるので。

星槎の 脇屋先生と一緒に成って 説明会を開催しました。

来年4月まで、何回か 体験スクールは実施して行きたいと思って居ますが

何時でも 連絡頂ければ  体験スクールは実施します。

中学生、高校生、一般  誰でも  湘南サーフィンアカデミー高等部には

入学 出来ます。 通信制ですので主にレポートの提出が単位の所得に成って行きます。

 3年間みっちり サーフィンしながら  高校卒業資格が所得出来ます。

何時でもお問い合わせください
 茅ケ崎校  0467−86−1173
 鵠沼校   0466−35−0073
 辻堂校   0466−35−0473

New ツーピースボード試作完成 2017/11/07 (Tue)
1510060029.jpg 1510060118.jpg 1510060190.jpg ツーピースボードのニュー試作 テストボードが完成しました。

未だ海外の工場に有り、急遽  DHLで空輸し 日本での試乗テストに入ります。

およそ 1カ月間 強度テスト、パーツテストに入ります。

特に接続部分の強度テストは重要で 過激な過酷なテストを私自身が乗って

確かめるつもりです。

又 GODDESSのプロライダーにも激しいアクションで試乗してもらい

徹底的に強度テストを実施します。

機種は1機種に絞り、その分 クレームが発生しない 

完璧な製品に仕上げたいと考えています。

既にご注文を頂いて居るユーザーさんには お待ちいただき

ご迷惑をおかけしておりますが

以前製作して居た、中国 深浅の工場が閉鎖され 新たな工場での生産には

多くの技術的な問題を克服、構築する為に多くの労力と資金が必要で

挫折を乗り越えて行かなければ成りませんでした。

細かな製造過程、作業工程の指導、 補強か所の作業手順等

等、細部に及び 時間がとめどなく経過して行きました。

心臓部の  パイプの径も 45パイから52パイに太くしました。

今までも板が折れた、と云う事は1本も有りませんでしたが  更に頑強な信頼を得るために

敢て太くしメス、オスの隙間も微量にしっくりとする様に工夫しました。

もう暫く お時間を頂きたいと思います。

宜しくお願い致します。

只 出来あがった試作第1号が どんな仕上がりに成って居るか

私の改良型 開発コンセプトに 仕上がって居るか

それは使って見ないと分かりません。

大きな希望を持って居ますが 幾分かの心配も兼ねそな居て居ます。

テスト後 12月頭には 工場に行って詳細な製造工程の チエック、デザイン等の

打合せをして来たいと考えています。

勿論工場は ツーピースだけ作っている訳ではないので

新たなコンセプトの板も何本かは削って来る予定です。

まずは現段階でのツーピースボードの進み具合をご報告させて頂きました。


Hawaii Maui 島から 2017/11/07 (Tue)
1510011465.jpg 1510011541.jpg ハワイ、マウイ  ホキパから 

元GODDESSのライダーをしていた 小笠原 のアロハクラシックの写真です。

かれはウインドに魅了され マウイに住んで居ます。

久しぶりに 日本の某 テレビ局が  マウイを訪れ 小笠原の施設にステイし

小笠原に仕事のオファーをした所から GODDESSの話に繋がり、

メールのやり取りが始まりました。

小笠原は日本では トップクラスのウエーブライダーで、

長身を生かし  数々の成績を残しました。

GODDESSが日本のファンボードシーンを引っ張って行ってた頃のライダーの一人で

ハワイ在住のロコ ガールズと結婚し 彼の天職  ウインドを活かした

生活の場をマウイに作りました。

未だ僕は其処には行って居ませんが

その昔 私も マウイ ホキパの試合には出場しました。

ジェリーロペスも ウインドにハマって居て、 一緒のヒートで戦った事が有ります。

息子の剛が未だ乳母車に乗って居た頃の昔の話です。

今、又その時代の  小笠原と交信が出来た事は とてもうれしく

昔が懐かしく感じられます。

昔、皆僕のシエープした板に乗ってくれていた選手が 大成し生活の場をマウイに

持って活躍している事は スゴク誇りに思います。

そして、未だ試合に出ている姿は 尊敬に値すると思います。

今度マウイに行かれる方は 是非 小笠原の施設に寄ってください。

顔写真を見ると 昔から 物静かな ハンサムボーイ でしたが

全く変わっては居なくて 少しは年を取ったかな、  と云うぐらいで 良い男です。

僕も是非行って泊めて貰って目の前のゲレンデで ウインドを楽しみたいと考えています。

椎名さんの能登半島 2017/11/06 (Mon)
1509923085.jpg 1509923163.jpg 1509923953.jpg 1509924034.jpg 今 日本一周サーフトリップ中の 椎名さんから 良い波の写真が届きました。

富山の何処かのビーチです。

新潟では波に恵まれず 石川  富山と 北陸道を走り

富山、能登半島当たりで 既に2週間程 滞在して居ます。

行く前に、日本海は空もドンヨリと曇って居て、気がめいってしまわない様に。

とアドバイスしましたが 椎名さんの強運で  毎日ピーカン  との事です。

波も3日間続いて 身体が持たない。 ので今日は 朝市に食材を買いに行って居ます。

行く先々で  サーファーとのコミュニケイションを計り、何処でも 友達が出来ている様です。

久しぶりに顔写真を見る限り

色つやも良いし 体調も良さそうです。

行きあたりばったりで 温泉に入って見たり

一人旅を満喫して居る様子は オジサンに取っては夢の様な うらやましい限りです。

何時か自分も何処か サーフトリップに行って見たい。

と思って居ますが 中々実現しません。

それが出来る椎名さんは SHOPも経営して居て、自由に動けると云う事は

経営者として素晴らしいシステムを構築して来ている。

と云う事に成り ます。

又、椎名さんのアクテブな行動を  支えて居てくれる 社員、スタッフの人達も

素晴らしい。と云う事です。

社長が 安心して ショップの運営を 任せられる。と云う事は、

椎名さんの絶大な 信頼を得ているからに他成りえません。

波が有る内は其処に滞在し 波が終わった頃 次に目的地、鳥取、に向かう様です。

身体に気を付けて 怪我をしない様に 願って居ます。




オーダーの板が完成 2017/11/05 (Sun)
1509837189.jpg 1509837329.jpg オーダーの板が完成し 今日が引き渡しの日です。

夏に 当スクールに来られて

直ぐにサーフィンの魅力にひき寄せられ

その後 板をオーダーして帰りました。

以前来られた時は小さな車でしたが

このロングを積むために  ハイエースを注文し 新車が納入されるのを待って

3日に引き取りに来られました。

3日は丁度パークのゴミ掃除の時で、朝早く来きてくれて

一緒にゴミ掃除も参加してくれました。

店に戻り サザンビーチがブレークし出したので

剛君が フィンセット、WAXアップしてくれて

早速 海に入りました。

未だ始めたばかりなのにビーチに 見に行った所  上手く乗れていて驚きでした。

それを カメラに収めようと思ってお店に戻り  撮影しました。

波は小さかったですが 良い感じで何本かは乗れていました。

体重90キロオーバーの方ですので  板も其れなりに工夫しないと

乗りやすく、良い板には成りません。

私は過去 体重のある方の板は何本かは削ってはいますが、

それぞれ特徴が有るので スペックを決めるのが非常に難しく

過去のデーターが無いと 適正な数値は出て来ません。

最高  140キロお相撲さんの板、120キロ、100キロ、色々と削りました。

板幅も広く成り 手が届かなくなるので

ハンドキャリー のパーツをセットし埋め込みます。

これで板を運ぶのが非常に楽に成ります。

シエーパーと言えども 多年色々な事に遭遇し それをデーターとして残し

其れを生かして行く努力をしないと 更なる良い板は作れません。

ユーザーさんに乗って貰って  乗りやすい板、安心して乗れる板

それを提供して行くのが シエーパーの仕事、責務  です。

デッキにホワイトクロスを敷いた事で 頑強に補強され

体重のある方の板でも 凹みを少なくする事が出来ます。

又、ホワイトクロスを使用する事で 板のクオリテイが上がると同時に

高級感が増します。

茨城の海で バンバン乗って、楽しいサーフィンライフを堪能して下さい。

有難うございました。



Prev ← [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] → Next