鈴木正の歴史 契約ライダー紹介
EPSフォーム 2017/05/11 (Thu)
1494489752.jpg 1494489827.jpg 昨日は 午後から シエープに入りました。

オーダーの板で  EPSフォームです。

軽量な分 作業中に材料が 動いてしまい  中々 手ごわい代物です。

今回の新素材は ブロック形状で 入荷したので

シエープはその分難しく 時間も掛ります。

ボトムロッカーを最初に出して  それがゲージに成って次の工程に入って行きます。

削り出す ロスも多く 周りはシエープした粉でいっぱいです。

シエーパーに取って 其処が腕の見せ所に成ります。

完成した板を何時もの様にじっくりと見るのが好きで 暫くは眺めて居ます。

今回のユーザーさんは  前に作った板よりは 幾分 薄めに  と云う リクエスト が有って

ユーザーさんのレベルも上がって来た。  と云う事だと思います。

更に上を目指して 行ける板に成って居ます。


バリ トリップ 2017/05/10 (Wed)
1494375612.jpg 1494375865.jpg 1494375940.jpg クラブメンバー  K &K 氏 のバリ サーフィンツアーです。

この連休をバリでサーフィン三昧なハッピーな ショットです。

ホットステック  と ドリーミーを使用して居ます。

年に2〜3回は バリに 行って居ます。

ガイドも バリバリのサーファーですね。

ガイドから 板の事を 大分褒められたそうです。

ホットステックは 260と長めで ロングの様に 早いテイクオフが出来て

乗ると ショート感覚で 乗れる楽しい板です。

ドリーミーは  227で正にオジサンが  ショートで乗る感覚の板で

其処から  ドリーミー (夢の様)  とネーミングされた板です。

バンブー  レールはカーボンで 頑強で 軽い板です。 ドリーミーのネーミングには

この意味も含まれています。

僕自身  一番楽し板は  ドリーミーです。

74歳に成って 昔のショートの感覚が忘れられず ショート感覚で  遊べる板です

最高に 楽し板です。

ホットステックを乗って居る  K氏は 関西に移動に成り 湘南で見る事は出来なくなりましたが

もう一人のK氏は 湘南でサーフィンしています。

年齢的には  60歳に手が届く年齢ですが 長年 サーフィンを継続してやって来ているので

今は  ドリーミーが  正に夢の様な板。  と言って居ます。

これ1本あれば  何処にも持って行けるし  壊れないので助かっている。  との事です。

二人は年齢的には離れて居ますが  仕事関係で お互いが良きパートナー  と言って居ました。

これからも是非二人で サーフィンを楽しんで頂きたいと願って居ます。


椎名さんと ラチエン前 2017/05/05 (Fri)
1493972309.jpg 今日は朝から 良い波が入って居ましたね。

9時頃  ラチエン  とリストラの中間で良いグーフィーが割れて居たので

昼ぐらいまで 入って居ました。

一端 ランチに  帰ってゆっくりして  午後2時頃  再度 ラチエンに向かいました。

もう人も極端に減って居て  待てば アウトからセットが入り  結構 グッド。

僕は 9,8を使って居るので  椎名さんよりはアウトに位置して 

良いセットは乗り込んで居ました。

僕は レギュラー  椎名さんはグーフィーなので ポイントからテイクオフしても

お互いが セパーレーツするので  何も問題は無い。

椎名さんとは 今日で 9日間一緒に海に入っているので  大分 結果が

出て来ました。   椎名さんの適切なコーチの お陰です。

自分の  サーフィンに対する 意識が少し変わりました。

椎名さんの波に乗る。  と云う事に対しての意識の甘さを指摘され、今更ながら

思い知らされました。

テイクオフのスタートが遅かったり  乗れる波を 途中であきらめて  パドリングをストップしたっリ

テイクオフの瞬間の パドリングをもう一カキ 加えて テイクオフする。  等

細部に渡っての コーチングでした。

明日は土曜日ですが 平日なので 9時から 整体に一緒に行く予定です。

その後波が良ければ海に入り  今一なら  椎名さんは  茅ケ崎を後にする様です。

1年間かけて 日本中を旅する 第一歩が  湘南で  私の所に 明日で 10日間

居た事に成ります。

気ままな  一人旅で波が有ればその場に 滞在する事に成ります。

椎名さんは   明日中に 熱海の友人宅に向かって その後は 伊豆に向かう予定です。

私も 連休後の   シエープをこなしタ後、 時間を見て 伊豆には行きたいと考えて居ます。

今日は天気もよかったし 波も綺麗で  最高ですね。

只、身体はボロボロです。 ナントカ動いては居ますが 身体に油を呉れてやらないと

アウトに成りそうです。

吉浜へ 2017/05/04 (Thu)
1493855588.jpg 1493855695.jpg 昨日は 湘南が波が無く 風も上がって来たので

吉浜に向かいました。

途中早川の石橋 で混雑して居ましたが

これは連休で仕方は無く  それでも大渋滞と言う事も無く 

スンナリ  吉浜に行けました。

何時もの 駐車場に  電話で予約してあるので  それは安心。

着いたら 意外と 風が入って居て、それでもサーフィンは充分出来る状態で

直ぐに着替えて 入りました。

椎名さんと 娘が一緒で 2時間ぐらい入って  上がりました。

僕は 9,6を持って行ったので、風の中では 板の返しに時間が掛り

やはり ジャンクな中では 短めの板が   良いです。

椎名師匠に 色々とアドバイスを受けながら  練習しました。

師匠は  僕が3パツ乗る処  10本は乗って居ます。

湘南サーファーと違って   千葉、茨城  と過酷なコンデションで 日常やって居るので

全然違って パドリングも 強いし 自分の日弱さが 良く分かります。

勉強に成ります。

純国産  SURF WAX 2017/05/03 (Wed)
1493765895.jpg シーズンも初夏に向かい 日差しも強く成って来ました。

日中は ワックスも 溶けて来るように成りました。

そろそろ、真冬の黒ずんだワックスを はがして  新しいワックスに塗り変えなければ

成らない時期に成りました。

其処で 当社が開発した 純国産 ワックスをお勧めします。

ブルーは  今市販されているワックスの中で  最も熔度(溶ける温度)が低い材質です。

  ベースにきめ細かく塗って  重ねて行けば 細かな凹凸が出来て 

  足裏のグリップ力は 抜群に上がります。

  ブルーを シッカリ塗っておけば  何回かは そのままで サーフィン出来ます。

  夏場に向かって  最強のワックスです。

  TEAM GODDESS ライダーの メンバーが 中心に成って R & D を

  時間を掛けて繰り返して 開発に成功した ワックスです。

  PRO達が  試合に使って居る  最強ワックスです。

レッドは   勝負ワックスです。 いざという時に  ブルー の上に塗るだけで

  グリップ力は 数段 増して着ます。

  主に真冬の気温が低い時に使用しますが  大事な試合の時には

  勝負ワックス として使用します。

日本の製造メーカーが 本腰を入れて 製品開発に取り組めば 何処にも負けない製品を
  
  作る技術は持って居ます。
  
  当社は やっと理解のある会社と結びつきました。 今市販されているWAXの分析から

  スタートし、材質が何かを掴む事に  そんなに多くの時間は掛りませんでした。

  材質が3種類 と云う事を付きとめ  其処から 剛 プロ達との 材質配合が繰り返され

  テストにナンバーが入った 何種類かの製品を作って貰い、実際に使って見て複数のライダー達の

  テスト結果から選ばれた共通の物を 最終的に製品化して来ました。

  これ以上の信頼性は他には有りません。

出来あがった製品は 何処の製品よりも 勝ったWAXに成って居ます 。

  是非 使って見てください。 実感として感じ取ってもらえると思います。

尚、  卸は  (株)ワンワールド から全国に販売されています。
     SHOP関係者は  ワンワールドにお問い合わせください。

             宜しくお願い致します。

Prev ← [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] → Next