鈴木正の歴史 契約ライダー紹介
箱根大学駅伝 帰路 2018/01/03 (Wed)
1514956661.jpg 1514956736.jpg 今日3日は 箱根大学駅伝帰路の日

朝8時に芦ノ湖湖畔をスタートし 一路 東京読売本社前に 向かう。

一区は 箱根のくだり で小田原中継所 2区は 平塚 3区は 茅ケ崎本店前を

通過する。

茅ケ崎本店は 今日から通常営業に入りました。

茅ケ崎海岸では  凧上げのイベントが開催されていて

花火も 何発か 上がった。

茅ケ崎の 凧 保存会が上げる 巨大な凧は

流石に 立派で

今朝の北風も上手く味方してくれて 大空に舞い上がり

大学駅伝選手を 上空から 応援して居る感じ。

1位通過は 他を大きく引き離した  青学が先頭

その後を 往路優勝の 東洋が 追って  ほぼ この2大学の  独走態勢となった。

天気も良く 風も北風で 選手としては 走りやすい 最高のコンデション。

波も少しは有って 西浜、パークは かなりの サーファーでいっぱい。

私は 昨日迄  山に居たので 今日は少しは休憩を取らないと身体が持たない。

素晴らしい  正月を迎える事が出来ました。

やはり 例年通り  箱根駅伝大学マラソン を応援すると

ビシっと 気が引き締まって 自分自身も ハイ に成り 最高。

しかし 青学強いですね

監督の手腕何でしょうが  ヤッパ 役者は選手

良い選手が集まった、と云う事なんでしょうね。 


今日 山から帰って来ました。 2018/01/02 (Tue)
1514894383.jpg 1514894498.jpg 1514894669.jpg 1514894768.jpg 長野の山は スッカリ雪に覆われて居ました。

今年は 元日を 山で迎えました。

前日に降った雨が 霧氷となり 林を綺麗に化粧してくれました。

ゴンドラで山の頂上へ向かう途中のスナップ  です。

頂上からのくだりは 二経路有るんですが

私は迷わず 急斜面へ落下して行きます。

転んだら ほぼ停める事は不可能で 雪崩状態に成るのは間違いありません。

トップは  35度はあるので、ほぼ 垂直状態です。

風で表面の吹きは吹き飛んで 硬いバーンがむき出しです。

気温はマイナス6度 で 雪面は硬く危険で 今回は この1回で辞めました。

タキサンとはゲレンデでばったりで 若い子達をスクールして居ました。

夜は私の泊まって居るホテルで ショーが有るので 

タキサンも来てくれて 一緒にショーを見て 親交を深めました。

今日は帰る日ですが

ロイアルヒル スキー場で  植木昇 プロの ゲートトレーニングが有る事を知って

急いで車を走らせる。

ナントカ時間に間に合って GS(ジャインナントスラローム)のゲートトレニングに入れてもらう。

午後2時からは スラロームに 張り替えて、  でしたが

今日は帰りも混雑が予想されるので12時に切り上げて、後ろ髪をひかれる思いで

スキー場を後にしました。

予想は的中で  大月の手前で  この先17キロ渋滞の表示を見て

大月で中央高速を降りて、富士五湖高速に乗り換え  御殿場に向かう

御殿場の一般道が メチャ込みで 東名に乗るまでにかなりの時間を使いました。

東名はスピードダウンしては居る物の 意外とスムースな流れで 

松田で降りて 西湘に向かって 走る、

西湘に乗るとイキナリ渋滞

理由は工事中で 1車線に成っているためで 其処を過ぎたら正常の流れ。

それでも茅ケ崎着は  PM 6時手前 でした。

これも想像はしていましたが 実際に体験して見て

来年はこれは回避しなければならない。  と思いました。

でも、でもです。

昔に比べれば 今位の渋滞は全然 OKです。

正月 楽しませて頂きました。

明日から 通常勤務に成ります。

頑張ります。

今年も宜しくお願い致します。

新年明けましておめでとうございます 2018/01/01 (Mon)
1514763039.jpg 1514763108.jpg 明けまして おめでとう ございます。

今年も 相変わらず 宜しくお願い致します。

私は新年を 山で迎える事に成りました。

初日の出を 山で迎える事は

私の念願で やっと叶いました。

本来なら 八ヶ岳連峰の 右の 遠くに 富士山が見えて

その方向から 日の出を見れる。  と言われて

その瞬間を 待っていたんですが

あいにく雲が掛って スッキリとした 日のでは拝む事が出来ませんでしたが

雲の合間から少しずつ上がって来る初日の出は

神秘的な 光を放ち  神々しく  新年相応しい希望に満ち満ちた

有りがたい初日の出 でした。

今年も今日から 始まるんですね。

健康で 元気で働いて 居られる事に 感謝です。

今日は 浜松から 来てる  タキサンの仲間と 一緒に滑る予定です。

新年を 親しい、長年の友と 会える事は幸せな事で

お互い元気で居られる事が 最高の幸せです。

3日から茅ケ崎店はOPENさせて頂きます。

明日帰りますので 是非お店に遊びに来てください。

新年のご挨拶をさせて頂きます。

今年も宜しくお願い致します。

御礼のご挨拶 2017/12/31 (Sun)
1514716931.jpg 1514717141.jpg 今年も遂に後数時間で終わります。

長い様で 短い 1年でした。

沢山のお客さまと知り合って、沢山の方が クラブ入会して頂きました。

年2回のクラブ員大会も 年々盛況を極め

国分(株)もスポンサーとして加わって頂き 大会を盛り上げて頂きました。

鵠沼店が OPENして 早2年目に入りました。

お陰さまで ボードロッカーは 評判がよく 徐々に増えています。

又道路ぞいに 設置した  温水シャワー3基は 隣地がパーキングで

24時間OPENして居て 多くの一般の方にも

ご利用頂いています。

又、湘南3店舗で 受けたスクールは 鵠沼店に集約し 成果を上げています。

サーファーに 愛されるSHOP作り をテーマに スタッフ全員 一丸となって

来季も努力して行きます。

又、鵠沼店には 試乗ボードを 用意してあります。

乗って見て 色々な板の感触を確かめて

其れから御購入につなげて頂ければ  と考えています。

サーファーの為に GODDESSは 来季も頑張って行きます。

どんな事でも スタッフに相談して見てください。

キット良い方法が見つかると思います。

年明けには  数種類の ニューモデルが 誕生します。

{良い物は良い} をポリシー  として優れた製品づくりを

常に心掛けています。

どうぞ 御期待下さい。

新年もどうぞよろしくお願い致します。

鵠沼店は 元日のみお休みさせて頂きます。2日から通常営業です。

茅ケ崎。辻堂店は  1日、2日お休みさせて頂き   3日からオープン致します。

ご迷惑をおかけしますが 何分 宜しくお願い申し上げます。

では皆々様  良いお年をお迎えください。 




Noosa Model 9,6f 2017/12/29 (Fri)
1514502979.jpg 1514503060.jpg ニューヌーサモデル9,6です。

悪夢の 9,11 の前年 オーストラリア ヌーサで開催された

ヌーサロングボードフェステバル (ロングの年齢別世界大会) に出場し 

55歳以上のクラスで 5位入賞を果たした時に 使って居た板をモデル化した板です。

当時は2本持って行きました

9,4f  と10,0f です。

使ったのは 10,0f でした。

ヌーサは3年挑戦しました。

リザルトを残せたのは この一回です。

ヌーサの波はレギュラーのワンウエー  です。

大会を開催するエリアが  最終で、その奥に  ナンバー2、なんばー3、なんばー4 

とポイントが有ります。

全てレギュラーで  昔の昔 バイロンベイから サーフトリップに来て居た

ボブマクタビッシュが 最初に 発見した、と言われている有名なポイントです。

レギュラーの完璧な美しい波で

夢の様な瞬間でした。

国立公園の中にあり オオトカゲが ノッしノッしと歩いて居ます。

又観光客が  木の上を見つめている所には   コアラが居ます。

サーファーに取ってヌーサは この世の楽園です。

町並みは綺麗で 海水は透き通って居て 波は マシーンで作った様な

美しい波 サーファーなら 是非1度は行って見てください。

 其処で生まれたのが  Noosa Modelです。

誰が乗っても 楽に乗れて 何処のポイントでも 一番アウトから テイクオフ出来る板です。

日本では オジサン系に入りますが  

本来は 本格派の 主流の板です。

長い事板は削って来て居ますが

ロングの基本の基本が  このヌーサモデルです。

私のシエープ人生の中で 一つの傑作品の中に入る定番モデルです。

デザインは 1本は思い切った綺麗なグリーンです。

グリーンのモデルのロゴのカラーは 資料は  白に成って居ますが

黒にするかどうかで迷って居ます。グリーンの実際のカラーはもっと綺麗です。

もう1本は 飽きのこないベイシックな ホワイトです。

これも当初は 数本しか作りません。

板の買い変え 、新規購入を検討されている方は

是非ご検討ください。

湘南3店舗 スタッフに声を掛けてください。

ご注文は早い順に承らせて頂きます。

入荷は 来年3月の予定です。

宜しくお願いします。



Prev ← [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] → Next