鈴木正の歴史 契約ライダー紹介
SAMURAI SUPIRITS WET SUIT 2016/12/25 (Sun)
1482638429.jpg 1482638507.jpg 過日 御宿の 有るスポットで  撮影しました。

剛 、ユージン、 翔太 JPSA公認PROの面々です

ナル‐ の12月号 に喝載された  原稿です。

又 他の 1枚は 鵠沼店  スタッフの  康平君 銀侍君  です。

二人とも  最新の素材で出来た ウエットを着ています。

サムライスピリッツ ウエットスーツは  

何処よりも 早く  ジャージフルの開発に着手しました。

今では 他メーカーも 追従し  殆どのウエットスーツが ジャージフルに変化しました。

過去何十年も  冬場は  ラバー が主流でした。

その皮を打ち破ったのが  サムライスピリッツ  です。

{ 良い物は 良い }  が当社の開発ポリシーです。

昔のジャージは 表面に水を貯めて 冷たかったんですが  ジャージの 表面の

破水製の改良が 飛躍的に進歩し 今では 水を貯める事が無くなりました。

ラバーの欠点は  直射日光を浴びると 急激に 表面が硬くなり、

僅か 1年で 伸縮性が落ちて来ます。

その結果ラバーと ジャージの接着部分にひび割れが発生し水が入って来るように成ります

つめの引っかき傷や 破損が早く 耐久性の面で  ジャージには  遠く及びません。

剛使用モデル     ( 6mmx5mm ) プルオーバー ¥92500(コイルパーツ付き)
ユージン使用モデル  ( 5mmx4mm ) プルオーバー ¥79800
翔太使用モデル    ( 4mmx3mm ) プルオーバー ¥73500

現在 年末  年始セールに入って居ます
  
クラブ員割引 10%  + 5%  =  15%引きにて 承って居ます。

    今が チャンスです。

何処のメーカーより  開発は進んで居います。

他から  サムライスピリッツに 変更された方から  

早く サムライを着れば良かった。  と驚きの回答を貰って居ます。

特に 極寒用に 開発された ( 6 x5 )ジャージフルは 嘗て無い生地暑 です。

(コイルネック + 手首コイル)を使用すると

ネック部、手首 から 入水をシャットアウト出来ます。

背中、胸部、腰回り に水が入らない。  と云う事を想像して見てください。

どれだけ 寒さから身を守る事が出来るか。 驚くほどの結果です。

又 極寒用に限り  足首が2重に成って居て  足のふくらはぎ部分で 水の逆流は

ストップされます。  膝から腿 、水は上がって来ません。

今 ウエットを考えている方は  是非 湘南3店舗  で試着して見てください。

どれだけ 凄いか 其れを実感して見てください。


今日は長野の 山に来ています 2016/12/20 (Tue)
1482231838.jpg 1482231961.jpg 今年初めての 山です

長野白樺湖  ロイアルヒルスキー場です。

雪が少なく 殆ど 人工降雪機に寄って作られたゲレンデです。

上の何時も滑って居るバーンは 未だ 周りが 雪が無くて

滑って居て 危険を 感じます。

圧雪機も、バーンを ナラスのが ままならない感じで 凸凹で 上手く滑れません。

初滑りにしては厳しい環境です。

怪我だけは 厳禁なので  あまりスピードは出さず 基本的な動作を積む感じで

滑りました。

山の下に有るホテルに泊まっているので ホテル前は 未だ 土が出ている状況です

車もノーチエーンで山を登る事が可能です。

今年の目標は  GSのレースに出る積りなので 今日は 長い板を持ってきました。

明日は他のスキー場へ向かうつもりです。

近くに車山スキー場が有るので 其処の方が 雪は多く 付いて居ると思います。

サーフィンとは 違った筋肉を使うので 暫くは 大変です。

長い距離を滑って降りると 太ももから足に掛る負担は大きく、 直ぐにヘタってしまう。

風呂で ゆっくりと 筋肉を戻さないと 。

此処で 一句 読む事にしました。

        初滑り
     
           ナマッタ身体に

                 気付かされ
       
                           (タダシ)



チャリボー  {バッファロー }  完成 販売開始 2016/12/15 (Thu)
1481802830.jpg 写真の バッファロー 完成しました。

価格は  ¥ 9800 + TAX です。

他社製品との 違いは

1.  価格が  安い  ¥9800

2.  ワンタッチで 付け根から 外す事が出来る
    (自転車の  サドルの  下から 全部 外れます )

3.  バッファローは  一体のパーツで  2本バラバラに 成りません。

4.  現在  当社の チャリボーを 使っている方は  ステイはそのまま
    アームのみで 済みます。

5.  ドブヅケしてあるので  錆びません。

6.  全ての パーツは 国産です。  何でもばら売り出来ます。
    (ゴム紐が 古く成ったり、  ホワイトチューブが古く成ったら  パーツで交換できます)

7.  原則   ロングは禁止です。  ショート、ファン 用です。


   現在  30台分が 完成して居ます。

   御希望の方は お早めに。 

SAMURAI ブーツの特長 2016/12/10 (Sat)
1481341579.jpg 1481342118.jpg 1481342206.jpg 1481342294.jpg Samurai Spirits ブーツの 凄さは 

他には無い 開発力が 加わって居ます。

1.3mm で 内側は 遠赤外線 生地で 暖かいです。

2.先端は 足指が分かれて入る様に成って居て 素足感覚で踏ん張れます。

3.カカトに付いている引っ張り紐は履いたり脱ぐときに指が2本入り便利 です。

4.足の甲の部分の 緩みを抑えるために  両サイドに ゴムの目止めが入って居ます。
  
  良く ベルト付きのブーツを目にしますが  このベルトが 着たり 脱いだりの時に メチャ

  邪魔に成って、踏んずけたり 破損したりします。 こんな邪魔な物は要りません。

  Samurai ブーツは その辺が違います。  スッキリとしていて  しかも甲の部分をシッカリ

  抑えてくれます。

是非湘南3店舗  何処でも試しに履いて見てください。

如何に優れているかが その場で直ぐに 分かります。

これから冬場に向かって 身体は まず 足から冷えて来ます。

ッシッカリした  Samurai のブーツを履けば 真冬も安心です。

{良い物はやっぱり良い }  です。

      ¥ 6650 + tax = ¥ 7182

12月9日〜 クリスマスセールに入ったので  20% OFF \ 5746 です。



今日 10日 土曜日  GODDESSクリスマスパーテイです。

目の前の リキリキデリーズ にて  5時30分から受け付け 6時スタートです。

是非 参加してください。 
   

シエーピング 2016/12/08 (Thu)
1481152972.jpg 1481153061.jpg 1481153132.jpg 昨日シエープした スリーストリンガー です。

スリーストリンガーは  見て分かる様に  6mmの板が  補強材として

3本縦に入って居ます。

これに寄って 板の強度が増し 折れる事は殆ど有りません。

スプルース  と言って 硬く丈夫なウッド材です。

シエーパーに取っては とても大変で  スリーストリンガーが  削れるように成って

始めて一人前のシエーパーとして 認められる事に成ります。

何故 難しいかと言うと

木は硬く フォームは 柔らかいからです。

削って居れば 当然 柔らかい所と  硬い所は  段差  が出来ます。

その段差をなくしフラットに仕上げる事は 至難の業です。

特に  ノーズと テールの 微妙な レールの形状に 合わせる 部分は  

殆ど  彫刻の世界に成ります。

それを削る 特殊な 工具、  アメリカで買ってきた ベビー カンナ です。

日本のカンナと逆に 歯が立って居ます。 刃先が逆  と云う事は  少しの歯の出方で

引っかかるので  微調整しながら 先端の ウッドを削ります。

フォームに触れない様に ウッドだけを神経質に削ります。

ここが 最大の難関です。

スリーストリンガーを削れれば 1人前 と言われるのは そう言う所が由縁です。

又 スリーストリンガーは ノーマルフォームと比べて  2本ウッドがプラスされるので

その分 重く成りますが。  丈夫で長持ち、  と云う訳です。

この板は 恐らく 今後何十年 形として残てゆくでしょう。

使う人が変わっても  自分の作品として残って行く事は変わりません。

其れだけに シエーパーとして 完璧な板にしなければ成りません。

僕はどの板も 同じ気持ちでシエープに向き合って居ます。

ボトムに入れる サインはその為に入れています。

 

Prev ← [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] → Next