鈴木正の歴史 契約ライダー紹介
コイルネック+手首コイル 2017/02/02 (Thu)
1485994770.jpg 寒い日が続いて居ますが

皆さん如何お過ごしですか?

極寒の寒い時期に 必要に迫られ 開発したのが

写真の  {コイルネック}  {手首コイル}  です。

どちらも  巻きつける  と云う意味から ネーミングされています。

今では フルスーツは 殆どのメーカーが  プルオーバー タイプに成って居ます。

{コイルネック}  は通常のネック部に  更に上から 巻きつける事で

入水をシャットアウトします。

又、ベルクロで作られているので  首のサイズを自由自在に変える事が出来ます。

SAMURAI SPIRITS の冬バージョンのフルスーツには 

首後ろ、手首 にホックが標準装備されています。

ホックが有る事で  ずれを防ぐ事が出来ます。

{手首コイル} は更に画期的な 発明で  親指に引っかける事で  

ドルフィン時、強烈な波から 巻きつけ をずれ無くしてくれます。

未だ使った事のない方は 早めに使ってください。

その効果の大きさに驚くを思います。

手首から入る水は腕から 脇の下に流れ込みます。

それを完全にシャットアウトします。  凄いと思いませんか。

首、手首 から入水をシャットアウト したら

殆ど胸、肩、腹、腿に水は入って来ません。

この二つの画期的な発明は 当社の  パテントです。

でも他社が 使う事は拒みません。

電話1本貰えれば 良い事です。  勝手にと云うのは 商法上許されないので

当社の了解だけ得てくれれば 構いません。

冬場の寒い時期に寒さで苦しんでいるサーファーに  少しでも朗報に成れば、と思って居ます。

コイルネック +手首コイル=  ¥5000デス。

ホックが無い 普通のウエットにも使用できます。

是非使って見てください。

今までの苦労が 嘘のように解決されます。

又 、私が来ているフルスーツは  6x5 オールジャージ です。

コイルネック +手首コイルを使うと 極寒の寒冷地でも使用可能です。

寒がりな方に  6x5mmジャージフル  は最高です。

湘南で使っている方から ( 背中に汗をかく )  と言われています。

生地が厚く成った分 (柔らかく、軽い生地素材)を使って居ます。

動きが悪くなる、と云う心配は全く有りません。

そして長持ちします。

これ以上のウエットは無いと思います。

寒がりな自分、物作りにトコトン拘る  私の開発です。自信を持ってお勧めします。

寒がり屋さん、  おじさま軍団  是非 6x5mmを着てください。

今までの寒さからの戦いに 終止符を打つ事に成ります。

お客さまから  感謝のお言葉を貰える。こんな事は中々 無い事です。


昨日削ったロング 2本です 2017/02/01 (Wed)
1485934137.jpg 1485934221.jpg 1485934302.jpg 昨日シエープしたロングは 2本共 EPSデス。

スペックが異成るので  全体のボリュームも 見て分かります。

これが フルオーダーの良い所で

ユーザーさんのウエイト、キャリア 、本人の希望に寄って

シエーパーは 適した 数値を板に 反映して行かなければ成りません。

それはとても繊細で 高度なシエープテクニックに寄って具現化されて行きます。

シエープされた板は 命が吹き込まれて、海を自由に走り 動き回る事が出来るように成ります。

出来あがった板は 本当に綺麗で 美しく 引きつけてやみません。

私のシエープする板は  基本価格が ¥250、000+TAXデス。

でも必ず其れ以上の満足を感じて頂けると 思います。

74歳に成り世界中のオーソリテイが 世を去り、年齢的には 世界でも シエープキャリアが

長い部類に並びました。

マダマダ 身体は動いているし、サーフィンに掛ける情熱は全く衰えて居ません。

シエープに関しての 研究心は更に磨きが掛って来て居ます。

良い板を世に出したい。良い板を作りたい。

この気持ちは全く変わって居ません。

今年こそ 是非  シエーパー   鈴木正の削る 1本に乗って見てください。

満足のいく 1本を必ずお届けいたします。

シェープ 2017/02/01 (Wed)
1485905218.jpg 1485905305.jpg 1485905373.jpg 1485905448.jpg 1485905515.jpg 昨日はシェープ デー。

ロング 2本削りました。

EPS素材で  デカイブロックからの削り出しで 結構大変 です。

板の全体のバランスを苦慮し、ロッカー位置を決めて ブロックを切り落とし

次にボトムに 板のアウトラインを描き  脇をそぎ落とします

次にボトム形状を完璧に削り出します

ボトムを完璧に削り出したモノが次に工程のゲージに成って行きます

プレーナーの手が届く範囲で  ノーズ、テールを削り出し

次が レール形状を削り出します。

レールが上から見えるので  指定された 厚さを削って行きます

プレーナーでの荒削りが終わると プレーナーの 歯を如上に抑えて 

フォームの肌を綺麗に仕上げて行きます。

其処から先は  粗めのペーパーを使ってレール形状の仕上げ、更にスクリーンを使って肌を更に綺麗に

整えて行きます。

出来あがった板のボトムに シエーパーサインを入れて ユーザーさんの名前を記入し 完成です。

後は暫く眺めて、気が付いた所が有れば微調整し 完成します。

僕はシエープ中は ダブルカートリッジ付きの防毒マスクを装着します。

フォーム素材には微量ですが 人体に有害物質が含有して居ます。

この仕事を 何十年もやって来て居て いまだ 身体に変調は出て居ないので

マスクをシッカリして作業して居れば 問題ないかもしれませんが

機を使って悪い事は有りません。

作業が終了し マスクを外すと 2時間程は その後が取れません。

おかしな凹みがほほに残って おかしな顔に成ります (笑)

通信制高校サポート校生徒 募集 開始 2017/01/31 (Tue)
1485848258.jpg 1485848339.jpg 昨年のクリスマスパーテイで 発表した

新しい事業   通信制高校 サポート校

{ 湘南 サーフィンアカデミー 高等部 }の看板が 鵠沼店に今日完成しました。

HPは  3日前に 完成し 見れる様に成りました。

未だ 細部が未完成ですが ほぼチエック出来るように成って居ます。


又 昨日から  鵠沼で 毎日 サーファーを撮り続けている

{スタボー }  にも {湘南サーフィンアカデミー } がバナーを張りました。

是非クリックして見てください。

昨日(月曜日) 早速2件の 問い合わせが入りました。

アクセス数もかなりヒットしていて驚きました

{湘南サーフィンアカデミー } 是非クリックして見てください。

サーフィンしながら 高校卒業資格が取れる。

3年間シッカリ サーフィン。

色々な事を学び 卒業後 社会人として通用する人材を育てる。

プロを目指すのも良いし、サーフィン関係の会社に入るのも良いでしょう。

大学に進む道も有ります。

サーフィンに関しては 特待生 の受け入れ制度も有ります。

3年間かけて 肉体的にも 精神的にも 強い人材に育つと思います。

サーフィンに最も適した場所  湘南 (鵠沼、辻堂、茅ケ崎)に学校は有ります。

その時の状況で  3か所 何処でも サーフィンは可能です。

これ以上の立地条件は他には有りません。

何でも相談掛けてください。

教育はある意味 社会貢献だと思って居ます。

親の立場で考えてみると サーフィンに熱中し 折角入った高校を中退する子が多く

せめて 高校だけは卒業してほしい。  と云うのが親に気持ちです。

子供の将来を考えた時に 履歴書に 高校卒業と書き込めるかどうかで

社会の中で 職種も決まって来ます。

サーフィンしながら 高校卒業資格が取れれば こんな良い事は有りません。

何でも相談変えkてください。

素晴らしい 回答が出来ると思います。

スラロームロイアルクラス 優勝 2017/01/30 (Mon)
1485733990.jpg 1485734080.jpg 1485734149.jpg 1485734225.jpg 1485734317.jpg 1485734385.jpg 1485734487.jpg 昨日 白樺湖ロイアルヒルスキー場で 開催された
東海スノーボード協会主催 {2017SpeedFactories }

スラロームレース、 ロイアルクラス  優勝しました。

2本共 トップタイムで  完全優勝です。

昨年は 長野菅平での レースで アイスバーンにエッジが抜けて 斜面を落下し

DN(ドーントフィニッシュ)  で破れましたが

今年のロイアルヒルは バーンが硬く 所々 氷のバーンが出て居ましたが

エッジをキンキンに研いで エッジの抜けを抑えて ナントカ完走できました。

旗門数は 31、かなり多く足の負担が大きい設定でした。

スタートから中で急斜に成って  右にコースが曲がって居て難しいコースでした。

只、このバーンは  プロの 昇君にポールレッスンを何回か受けているので

其れなりに慣れては居るバーンでした。

昔のTEAM GODDESSメンバーだった  長野の高太郎もシニアクラス  4位でした。

昇プロ、高太郎と記念写真を撮りました。

スタートゲートから見る コースは 綺麗で、気合が入ります。

スラロームレースは  ブルー コース、レッドコースに分かれて居て

2者が同時にスタートします。

相手の選手の滑りが見えるので そのプレッシャ が 滑りに拍車が掛ります。

無理に突っ込んでも 何処かで ふっ飛ばされるし、

大事な事は マイペースで 滑る事が大事です。

旗門の感覚が短いので  何処かでミスすると 修復が難しく ズレを抑えて 次のポールを

クリアして行かなければ成りません。

31旗門 ノーミスで 滑り降りる事は殆ど難しく 何処で膨らんだ部分を修復しなければ

成らないので 其れだけ難しく成ります。

山には結構足を運んで練習してきましたが

お陰さまで  ナントカ 目標は達成できました。

これからは 少し力を抜いて フリーランを楽しみたいと思います。

昇 や 静岡のボビッシュの堀君に何時もお世話に成って居て

結果を出せて 感謝して居ます。


Prev ← [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] → Next