鈴木正の歴史 契約ライダー紹介
TEAM RAIDER ユージンのSHOPオープン  2017/07/28 (Fri)
1501211396.jpg 1501211537.jpg 1501211855.jpg ユージンの サーフショップが  御宿に オープンしました。

場所は 御宿海岸の 岩和田 の信号機を 山側に見ると  直ぐの所にあります。

小さなショップですが  ユージンが 日本に来て 長年住みついた御宿に

念願のショップを 開きました。

自らシエープした板と 彼の師匠の板を飾るそうです。

ユージンは  SAMURAI SPIRITS WET SUITS のTEAM RAIDERで

サムライスピリッツ  のオーダーも受け付けます。

スクールメーンで 板は オーダーで作って行くそうです。


シングルのシエーピング 2017/07/27 (Thu)
1501109657.jpg 1501109732.jpg 1501109802.jpg 1501109871.jpg 1501109939.jpg 昨日は午後5時から シエープに入りました。

工場は 6時に終わるので スタッフが 帰った後も 削り続けて

普段の倍ぐらいの時間を要しました。

その理由は カラーデザインが 非常に タイトなカラーで

テント(透き通る)の色、群青色、 非常に難しいカラーだからです。

グリーンに黒を混ぜて 作る様な シエープしたフォームの表面に

少しでも傷が有ったら  其処にダークなカラーが入り ミスが出易いからです。

その為に フォームの表面を  ツルツルに成るぐらい  細かなペーパーを

使って 仕上げて行かなければ成りません。

シエーパーは 誰でもそうだと思いますが、 爪は何時も短く切って居ます。

フォームにうっかり ツメが引っかかったら  ヤバイからです。

センターの硬いウッドのストリンガー と柔らかいフォームとの段差が 出ない様に

ベビーカンナの歯を研いで綺麗に 削れる様に、 最新の注意を払います。

仕上げの 最後の 最後の工程が 最も難しく

その為に多くの時間が必要です。

テントカラーは (スケルトンカラー)  と言って

カラーは付くのに  透明感が有る  不思議な カラーです。

逆に ピグメント(濁色) カラーは  透明感はありません。

同じカラーでも 仕上がった感じは 全く異成り

どちらを選ぶかは ユーザーさんの選択の 中にあります。

シングルは 少し長めが 良いです。

マニューバー系の板とは異成り シエープの全てが違います。

テンプレット(アウトライン) も全然違うし

ロッカー、 レール形状  全てが違います。

シングルは スケアテールが良いです。

板も丈夫に 重めに仕上げます。

重めの板を スケアテールで カットバック すると

カキーン  とした切れのいいカットバックが 出来ます。

ラウンドテールとは 全く違った 感触 反応が得られます。

シングルを削る時は 何時も 一生物  と思って削ります。

どっしりとした  1本物を 長く乗り込んで行くものです。

ですから 頑丈につくります。

出来れば オンフィンで作らせてもらえれば シエーパー冥利に尽きます。

僕の場合  長目の板  特にシングルを削る時は  楽しくて 興奮します。

何時もなら シエープは 朝の気合が入る時間にスタートします。

でも今回は 午後に 工場から連絡が入り  

社長  シングル用のフォーム入りました。   と云う連絡を貰い

そそくさと 工場へ向かいました。

削り出せば 夜に成るのは分かって居て それでも 削りたくて。

僕は 自分でそう思います。

俺って 根っからの 職人なんだなー。  シエーパーなんだ。  って。

削る事が好きなんだなー。 と思います。

GanSurf 岩上プロの店からの オーダーで、今まで 2本削らせて貰って居るお客様です。

本当に 有り難く このユーザーさんが  このシングルを

楽しそうに乗ってくれている風景を 想像しながら 

本当に楽しく 気持ち良く削らせて貰って居ます。

絶対に 良い板を削ろう。  この一念 で削って居ます。

僕は 板を削る時に 何時も思います。

大切なお客さまの板です。

でも自分の作品でもある訳で 何時も真剣勝負です。

今日のSHOP下 2017/07/25 (Tue)
1500979755.jpg 1500979830.jpg 1500979902.jpg 1500980020.jpg 1500980091.jpg 1500980163.jpg 今日 25日 ロータイ(潮が引く)が11時頃で

SHOP下が かなり良い波に成って来て居て

工場の 翔太プロ、  完成した板をトリに来て居た 岩上プロ 達も 

入って セッションが始まりました。

写真は 剛プロが  撮りました。

翔太の鋭角なリッピング 、当て込み はえぐる様に鋭く   流石です

岩上プロは  ブレットに乗って居ました。

172のブレットを 綺麗に 乗りこなして居ました。

一緒に来て居た  若手も 良い波を捕らえて 素晴らしいマニューバーを

描いて居ました。

自分は その少し前に上がってしまい、写真を残す事は出来ませんでした。

今日は ニューモデルの  Masuter Shape を使いました。

マスターシエープは  マニューバー系で 軽量 5,2キロ です。

レールを落としているので スピードの 乗りが早く 乗れば乗るほど

調子は上がって来ます。 

今は このマスターシエープが 気に入って居て この板ばかりを乗って居ます。

フレッシュサウンド New Model 2017/07/25 (Tue)
1500936058.jpg 1500936142.jpg 進化したフレッシュサウンドです。

カラーも3パターン

モスグリーン。 ホワイト、ピンク  です。

スペックは  長さ 230  x 幅55 x 厚さ7,8

重量 4,0キロ  と軽量 で丈夫  です。

大きな特徴は

ノーズ、テールを ラウンド形状にし  特に安全重視にシエープしました。

ノーズ、テールをラウンド形状にする事で  バランスは圧倒的に良く成ります。

板の許容範囲も  広く

1.  女性用 (ノーズが尖って居なくて 安全形状に出来ています)そして 軽いです。

2.  ビギナー (これからサーフィン始める方に最適です)持ち運びも軽く便利です。

3.  ファンボードとして あらゆるユーザーに適して居ます
    
    上級者が乗ったら 飛んでも無く凄いライデングが約束されています。
    
    体重80キロ前後のユーザー  特にオジサン系に最適です。  

4.  モールド製で 軽量で  頑丈です

5.  価格は  ¥128000+tax です。
    クラブ会員 は更に  10%割引きに成ります。

現在  鵠沼店で  試乗が出来ます。

まず持って見て 感触を掴んでその後  乗って見てください。

台数に限りが有るので お早めに試乗し 楽しんでみてください。

湘南3店舗  何処にもストックしてあります。   

辻堂マーボロイアル シニアクラス結果 2017/07/24 (Mon)
1500892857.jpg 遅くなりましたが

良い写真が届きました

マーボロイアルの  シニアクラスファイナリスト  です。

GODDESS クラブメンバー  2名

    3位  広瀬選手
    4位  ホリケン選手

2名が決勝に残りました。  拍手  です。

又 来年も 開催されると思います。

GODDESSクラブメンバー ももっと参加してほしいと思います。

試合はとても緊張するし  反面  楽しいです。

どんな試合でも 決勝に残ると云う事は 素晴らしい事です。

日々努力してきた結果です。

そして自らの力量を計る 良いチャンスです。

大会は出るたびに ドラマが有り 自分の サーフィンライフを豊かにしてくれます。

私は 第1回全日本選手権大会に出場し

今年は 第52回  です。

52年間  試合に出続けている事に成ります。

全日本は1回ですが  それ以外の出れる試合には  出続けています。

日本人として 初めて ハワイ マカハインターナショナルに出場し、

同じく日本人初めての  ハレイワ オープンプロコンテストに出場しました。

後に オーストラリアのヌーサロングボードフェステバルに  3回出場しました。

宮崎にカーフェリーが就航し  その記念大会NSA主催の大会で 優勝しました。

全日本は 第3回大会  で優勝し  次が 第40回大会 次が第48回大会

合計  3回 優勝しました。

我ながら 良く頑張って来たな。   と思います。

今となっては 何か自分に課された 義務感みたいなものが生まれて

マダマダ 身体が続く限り  試合には出場して行きたいと思って居ます。

8月22日から 静岡豊浜で開催される 全日本へも出場したいと思います。

練習したいんですが 波が無かったり、有っても仕事だったりで

中々 思う様には行きません。

まあ、毎年 こんな形で  夏が通り過ぎて行くんですねー。

Prev ← [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] → Next