鈴木正の歴史 契約ライダー紹介
USオープン 2017/08/10 (Thu)
1502336923.jpg 1502337078.jpg 1502337155.jpg 1502337348.jpg 先週 カルフォルニア ハンテントンビーチで  盛大に開催されたUSオープンです。

資料は 当クラブ員で 向こうの 大学に行っている

ミキト から送られてきた貴重な映像です。

USオープンは 結局 カノア五十嵐が優勝で 幕を閉じました。

一枚目の写真の 左側 驚いた事に

カノアが 肩車で  ナント、 日本の国旗を持って 登場した事です。

カノアは カルフォルニアに住む 

両親ともに 日本人で 生粋の日本人です。

3年後の オリンピックゲームには 日本人として 出場する様です。

勿論 今の段階で 誰が オリンピック選手の資格をゲットするかは分かりません。

只 USオープンは 前に 千葉の 大原選手が 優勝して居ます。

カノア五十嵐は 其れに勝る 実績を握って居ます。

このまま 3年後に繋がれば カノアは その代表選手に 相応しい

最有力選手に成る事は間違いありません。

写真から 読み取る事が出来るのは、日本よりは 遥かに 成熟したサーフィン文化が

アメリカには定着して居る、  と云う事です。

ビーチを埋め尽くす 観衆、 ピアの上の 人の数

全てがスケールが大きいです。

日本のサーフィンを盛り上げてくれるのは 間違いなく オリンピックです。

メジャー スポーツに 成る最大の チャンスです。

ミキトが送ってくれた 資料で アメリカの 凄さが 良く分かります。

サンキュー  ミキト  有難う。


SHOP下の波 第2弾 2017/08/10 (Thu)
1502318557.jpg 1502318653.jpg 1502318715.jpg 1502318788.jpg 1502318904.jpg 1502318971.jpg 昨日も ショップ下は 波が残って居ました。

クラブメンバーの  リョウクン  ショウ君 こーちゃん、達が入って居ました。

トップバッターは こーちゃん  良い波に乗って居ました。

ショー君は バンブーロング 剛モデル、 テイクオフが上手く

板が走って居ました。

当て込みも決まって 上達の跡がうかがえます

リョウクンは ライデング自体がほぼ 完成して 波に合わせて上手く乗って居ます。

3人それぞれで 乗り方も違うし 使って居る板に寄っても

動きが異成るし  見ていて面白いです。

この時間帯は波もハイタイに成って来て うねりを選ぶのも 難しく成って来て居ました。

サーフィンは本当に難しいです。

奥が深いと云うか、何年やっても 到達点が見えて来ません。

山は 山頂に登れば其処に到達した事に成ります。

サーフィンはどんなに登っても エベレストの山頂に立っても 更にその先に山の壁面が

切り立っています。

一生かかっても 達成できない 魔者です。

少しでも気を抜けば 後戻りで 、  私の場合この冬、3カ月 サーフィンをさぼりました。

すると、初心者に戻ってしまうぐらい ひどい事に成ってしまう訳です。

サーフィンは 川の水が流れる様に 常にやりつづて居なければならない。  と云う教訓 です。

反省しました。 もう其れだけは 勘弁 で 来る冬場、 切れ間 が無い様に

海に入ろうと思って居ます。

この事は 社会生活の中でも 同様です。

常に前へ前へ と努力して行かなければ 後退しかありません。

ハッキリ言って キツイですね。

でもそれが サーフィンの凄い所  。  それが人生、 生きて行く事も同じですね。

 話は変わりますが

当社では 3日間  中学校の先生が 社会研修に来て居ます。

今日が最終日で  スクールに一緒に入って貰い  体験して頂く事に成って居ます。

それを受け入れたのも  何かの勉強に成ると考えたからです。

又 そう言う研修制度 その物を知りませんでした。

良い事だと思います。 協力出来る事も 社会貢献の一環だと思って居ます。

今日は曇りです

波も少しはありそうです。  

今日も 一日 元気で、明るく 一生懸命働きましょう。




SHOP下の波 2017/08/09 (Wed)
1502251578.jpg 1502251715.jpg 1502251927.jpg 1502252011.jpg 1502252078.jpg 1502252141.jpg 1502252229.jpg 1502252296.jpg 昨日 久方ぶりに SHOP下が ヒットしました。

左側のポイントは   剛PROと 康平君 しか居なくて

ほぼ貸し切り状態。

時々 アウトから入るスエルは 新島 ハブシ に似ていて

水量も厚く ハードな コンデション

最初の写真は 剛の パドリング開始、この位置 からテイクオフの タイミングに

合わせて行く。

掘れた所での レイトテイクオフ、ほぼドロップ状態 

ボトムでシッカリ 貯めて リップでのカットバック

一連の流れのマニューバーライン。

剛は ロングのPROですが

板は どのカテゴリー  でもこなします。

この日の板は ショートで 幅が48センチ、

彼の身体からしたら かなりハードなスキルと成っている。

 続いて 鵠沼店 店長  康平君の ボトムから リップ。

このシチュエイションも 長年の経験から 生まれた 自然の流れで

ポジション、板の切れ  どれも申し分のない 流れを作って居る。

台風5号の 最後のうねりで やっとSHOP下に届いた。  と云う感じです。

この映像から 何か 参考にして頂ければ 幸いです。

(写真は複数の波を組み合わせたものも入って居ます。)


     photo by Tad Suzuki

早朝の 茅ケ崎 2017/08/06 (Sun)
1502005611.jpg この波 ヤバイですね

台風5号 のお陰です。

湘南に波が入り出してから もう10日は 経ちます。

ほぼ 毎日海に入って居ます。

只 波は有るけど 今一で 中々 良い波に乗れず  ストレス だけが溜まった時期も有ります。

昨日、一昨日 茅ケ崎は 最高の波に成りました。

今朝も 良かったです。

人も 多いので 4〜5本 満足の行く波を捕まえた時は 早々に上がります。

そして 時間差を見て 良い条件の時に 再度 入る様にしています。

昨日は3ラウンド入りました。

早い時間と 3ラウンド目が かなりヒットしました。

朝方と云うか真夜中  と云うか世界陸上競技

ボルトの最後の雄姿が見たくて テレビにかじりついて居ました。

スタートで 出遅れて  何時もなら 後半で抜き去る。  と云うのが

ボルト だったんですが その加速は見られず あっけなく 3位 でした。

金メダルは アメリカの ガトリン 2位 同じくアメリカのコールマン若干21歳の若者です。

ボルトは 30歳 ガトリン35歳

ボルトの陰で12年間 何時も 地獄を味わってきた 35歳のガトリンが

引退するボルトに 引導を渡した格好に成ってしまいました。

ガトリンは電光掲示板  で 自分がゴールドだった事が 分かった瞬間

地面に付して 涙を流しました。

3位に終わってしまったボルト、誰もが想定出来ない結果だったと思います。

有終の美を 金メダルで終わらせたい。  終わるだろう。   と殆どの人がそれを

願って居たのに  3位と云う結果が 観衆をして許せなかったんだと、思います。

ゴールドメダリストに輝いた  ガトリン 選手に  ブーインが 湧きあがってしまって。

何かふに落ちない ボルト選手の 引退劇に成ってしまいました。

それでもガトリンは 観客席に居る  両親の元に駆け寄って

両親と抱き合っている姿を見た時 僕も 涙がこぼれおちました。

35歳と云う年齢、常にボルトと戦って その前を走る事が出来ませんでした。

12年間 どれほどの辛い練習を積んで来たんだろう。   と云う思いが

僕の胸を打ち 涙が 溢れました。

ボルトの偉業は  誰も真似できません。 素晴らしい選手です。

今後も バラ色の人生が 約束されていると思います。

でも私は 努力して努力して ずっと勝てなかった。ガトリン選手 

最後の最後で ボルトを葬った 彼のアスリート 人生の方が 胸を打ちました。

勝った選手がブーイングを受ける。  ある意味 こんな幸せは無いと思います。

憎悪のブーイングでは無くて  ボルト選手に対する 観衆の有終の美 愛情表現で

ガトリンを侮辱して居る物では無い、と理解して居ます。

又日本人アスリートとして 初め100メートル競技で決勝に残れるチャンスに

恵まれた サニー 選手が準決勝のスタートでつまずく、と云う初歩的な

失態をしてしまいました。

色々な想像を絶する ドラマが繰り広げられる世紀の大会で チャンスを失ってしまいました。

朝方、世界陸上、 テレビにハマっているので  眠くて  大変です。

それでも 波が有れば 海は絶対です。

世界陸上はマダマダ 続くので この先も多くの感動を与えてくれる事でしょう。

 

私の板 売りに出します 2017/08/04 (Fri)
1501801601.jpg 1501801670.jpg 1501801739.jpg 1501801808.jpg 私が 使って居る板 売りに出したいと思います。

素材は EPSで 軽量 で丈夫な板です。

デッキが凹むのが嫌いで デッキは 補強されています。

サイズは  9,2 x 59 x 8,0  です。

テールのレールの補強も カーボンファイバーで やってあります。

これはリーシュコードの 引っ張りに寄る レールの亀裂を防ぐために補強してあります。

又 私のスポンサー   アストロデッキを 装備してあります。

私の体重は  75キロ前後です。

殆ど 新品同様、 是非 使って見てください。

EPS + エポキシ 仕上げの オーダー 価格は  ¥250,000〜  ですが

一端使用しているので  ¥198,000+tax です。

早めにご注文頂ければ 剛PROのシグネチャモデルの グラスフィンをサービスします。

この板で実際に私が乗って居る画像も載せて置きます。

体重 68キロ〜  78キロぐらいの方に 最適です。

ノーズも 楽に出来るし  どちらかと言うと マニューバー系の 板です。

茅ケ崎店に置いてあります。

何時でも見に来て 触って見て  検討して頂ければ  と思います。

Prev ← [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] → Next