鈴木正の歴史 契約ライダー紹介
10月22日 秋の GODDESS クラブ員大会(茅ケ崎) 決定 2017/08/14 (Mon)
1502684193.jpg 1502684896.jpg GODDESSクラブ員大会の日程が決まりました

10月22日 (予備日 10月29日)

場所は 茅ケ崎 パーク前〜 ラチエン前  迄です。

大会内容は 春の鵠沼の 大会と同様です。

湘南3店舗にて エントリーして下さい。

大会出場要項

1.GODDESSクラブメンバーで有る事
2.使用 用具(板、ウエット)は GODDESS 各店で 購入した物に限ります。
3.エントリー締め切りは  各クラスとも 先着順となります。
  詳細はエントリー用紙で確認してください

3年後の サーフィン オリンピックゲームは 日本で開催される事が決まって居ます。
GODDESSも応援して行きます。

GODDESSクラブ員大会は 今回で62回目に成ります。

日本で最も古く  年2回開催してきたので 第62回目の大会となります。

伝統のある 大会に出場する事は 意義のある事だと思います。

ジャッジは 当社の契約プロ3名を含め全日本選手が行います。

大会後は  表彰式 BBQパーテイを行います。

是非 多数の参加を募って居ます。

エントリーはお早めに。 



日本Team やりました 2017/08/13 (Sun)
1502577032.jpg 100メートルリレイ ジャパンチーム  やってくれました。

3位の結果は 凄いです

今まで世界陸上 で一回も無い 快挙です。

アンカーにバトンが渡った瞬間では ボルトに前を譲って居ました。

このままでは 日本は4位に食い込むのが精いっぱい、  と云う緊迫した状況でした。

所がです。 ナント 世界中が最も注目している

あの ウサインボルト 選手が 突然 苦痛に顔をゆがめて 左足の太ももが痙攣し

脱落したのです。

日本のアンカーを務めた 最年長の選手の落ち着いた走りが 功を奏して

3位でゴールを切る事が出来ました。

ボルトの  最後の最後の ラン  は誰もが予想だにしない 結果で幕を閉じた訳です。

100メートルも アメリカのガトリンに敗れ かれは屈辱の 銅メダルでした。

そのドラマチックに演出されたボルトの為の 今回の 世界陸上、

幕切れは実にあっけなく 想像を超えたドラマチックな 結果となってしまいました。

それにしてもジャパンチームの 結束力はすさまじく

100メートル、400メートル どの種目も 単独でファイナルに残る事は叶いません。

それが4人のチーム  結束する事で  世界の 3番目に 食い込む事が出来た。

と云う結果の素晴らしさです。

日本独自に研究してきた  バトンの  アンダーパス  と云う技術、

今回も バトンタッチで  バトンを落とす  と云う場面が 他のチームにありました。

その中で日本が開発した アンダーパス  と云う技術が 彼らの 流れる様なバトンタッチ

を実現したんだと思います。  素晴らしいです。

又 驚く事は  監督の選手の起用  です。

100メートルで 日本人只一人 決勝に残った  サニー 選手、良い走りをしていた

選手を使わなかった事です。 ケンブリッチ 選手も外しました。

テレビから 少し伝わって来た事は  バトンタッチの 流れからの様です。

リレイは  バトンの受け渡しが勝敗に大きく関わるので 監督の采配が

結果を導いてくれたんだと思います。

又、桐生選手の 出番が有って本当によかったと思います。

日本人で最も早い記録保持者は 桐生です。

それが日本での選考会に敗れ 100mに出場する事が出来ませんでした。

それがリレイのベンバーに抜擢され 素晴らしい役目を果たしてくれました。

ボルトが故障したお陰  と云うか  これが競技の世界です。

サーフィンも同じです。

上手い選手が 必ず勝つ。   と云う事はありません。

陸上と違って 海は他にもう一つの要素が有ります。

それは 自然の計りしれない 波周り  です。

良い波が捕らえる事が出来なければ 良い演技は出来ません。

サーフィンの方が もっともっと 奇跡に近い結果を生むのです。

私も 8月 22日から始まる 静岡 豊浜での全日本に出場します。

どんなドラマが待って居るか  とても楽しみです。

目標は 1回戦を勝ち上がる事です。

それに1年を掛けて練習して来て居ます。

1回戦を勝ち上がる事が全て  です。

陸上の ジャパンチームの 結果を見て 凄いパワーを貰いました。

集中して結果を出した 4人の サムライ達

君達は 日本の誇りです。  御苦労さま おめでとう。 

マッスルの板 完成 2017/08/12 (Sat)
1502541846.jpg 数々の 大会、イベントで MCを務める マッスル  のロングが完成しました。

身長  190  体重 120キロ ハワイアンに負けじとも劣らない

堂々たる 体格です。

その板を削ると成ると 最早 サーフィン用の フォームはありません。

EPS、 SUP用の材料から 削り出す事に成ります。

エポキシで 巻いているので 軽く 頑強に仕上がって居ます。

板 幅が有るので  デッキのレール寄りに 取っ手を掘って埋め込んであります。

パーツが直ぐに手に入らなかったので 全て手作りで 製作しました。

テール側に フィンも付けてみて センターの位置を見つけ、そこに 穴を掘ります。

その穴を エポキシと クロスを何枚か重ねて 固めて 手がフィットするように 細かな

加工を施し 仕上げて行きます。

朝 から作業に掛り ナントカ 夕方までに 完成させました。

マッスルは 早速 明日 千葉方面に行って初乗りする様です。

乗り味はどうか また 報告を聞くのを 楽しみにしています。

湘南マジックウエーブ 出演 2017/08/11 (Fri)
1502437082.jpg 明日 土曜日  朝 10時10分ぐらいから

湘南マジックウエーブ FMラジオ  (85,6MHz) 85,6 メガヘルツ 

WWW,fm-smw,jp
  
{ スーさんのサーフィンマジックウエーブ } で私がしゃべります。

リスナーさんからの  質問コーナー が有ります。

サーフィンの事  そのほか 何でも 質問してください

スーさん (私が) 即座にお答えいたします。

湘南マジックウエーブ は エリアが  大磯を起点に その周辺 にしか

電波が  届きません。 茅ケ崎は届いて居ます。

それ以外は  NETで 聞けるので  是非 聞いて見てください。

月に 2回  土曜日  10時10分から ですが

今月は試合が有るので これで終わりです。

結構 ランダムで 9月は 2日、 23日 の土曜日の2回です。

質問は {  湘南マジックウエーブ  } で検索し  書式に したがって記入してください。

携帯でも可能です。

又 FAXでも  送れます。

どんどん質問してください。

宜しくお願い致します。

曲も 良い曲が流れます。

未だ、開局して 間もないですが とても すがすがしく 良い番組です。

スタジオは 窓からは 何時も星槎高校の サッカー場が見下ろせて 

最高の場所です。 

その向こう下に  相模湾が一望出来て  素晴らしい環境です。

スタジオを運営して居るのは  星槎高校の 学生達で パーソナリテイは  PROの

竹見さんです。 彼女の 流暢な語り口で 円滑に時間は流れて行きます。

私は 良い曲が聞けて 最高に幸せです。

{ スーさんのサーフィンマジックウエーブ }  是非リスナーの皆様

盛り上げて頂きたいと思います。

明日  10時10分からです。

中学校の先生の 研修 終了 2017/08/11 (Fri)
1502410639.jpg 3日間 厚木の中学校の  先生の 社会研修を受け入れ

昨日が 最終日で、 スクールにも入って貰って 研修を終えました。

最初は 場違いな処で 大分緊張されていた様ですが

バスケをやって居て  今でも試合に出ている、と云うバリバリのアスリートでした。

二日目も ショップ下が 引きに入った頃  海に入って貰いました。

最終日は 鵠沼のスクール生と一緒にやったので

立てて 面白かった、と言って居ました。

3日間の研修でしたが 先生として 素晴らしい方で  今後 何かの参考に

成ってくれれば  と思います。

この話を持って来てくれたのは  元 ウインドサーフィン時代の クラブ員で

今は中学校の教頭をやって居る方で、ずいぶんと出世されたな。  と思います。

GODDESS はこんな所が 財産で、長い歴史の中で

色々な分野に人のつながりが有って、この様な依頼も来るんだと思います。

他にも 現在 副校長で近い将来校長に成る方も居ます。

昔と違って 今は圧倒的に 社会人が多く、色々な方との出会いは

とても楽しく、サーフィンを通じて 皆が 楽しい人生を謳歌してくれる事が

GODDESSの願いでもあります。

研修を受けられた 先生が  今度友達を連れて サーフィンスクールに来ます。

と言って帰ってくれました。

3年後のオリンピックに向けて  どれだけ サーフィンをメジャースポーツに 追し上げて行けるか

それが今 我々に課せられた大きな課題です。

先生御苦労さま、お疲れさまでした。 

Prev ← [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] → Next