鈴木正の歴史 契約ライダー紹介
GODDESSのニューシューズ  2018/02/23 (Fri)
1519339004.jpg 1519339092.jpg 1519339159.jpg 1519339229.jpg 1519339298.jpg 1519339369.jpg GODDESSのシューズは既に何種類かは

販売されていますが

新たに厚底の カッコ良いデザインが発売に成りました。

カラーは4パターン、

サイズは 23、〜28迄有ります。

私は既に試作品を2カ月ほど前から履いて居ます。

厚底で 歩いて居て 躍動感が有り  疲れません。

   価格は   ¥7,900+taxです。

市販のブランド品  では  ¥12,000位のクオリテイです。

東京、神奈川 のドンキホーテ でも扱って居ます。

当社の湘南3店舗  茅ケ崎、辻堂、鵠沼店でも 扱って居ます。

是非 コレクションの中に加えてください。

値段の割にクオリテイの高い商品です。

宜しくお願い致します。

山の上のコーヒータイム 2018/02/22 (Thu)
1519256507.jpg 1519256652.jpg 1519256765.jpg 1519257236.jpg 波も無くなり 山に行って来ました。

2時間程滑ると 何時もの山の上にある コーヒーショップで休憩です。

取ってのない お茶碗の様な焼き物に入って出て来る

濃い目の苦いコーヒーが抜群で  行けば必ず 立ち寄ります。

この楕円のウッドのテーブルがお気に入りで 何時も同じ席に座ります。

此処から ゴンドラの頂上を眺める景色も最高で

山の雄大さに気持ちも高揚します。

雪はマダマダ たっぷりで 例年よりは多めです。

只木々の多い山の部分は既に雪が溶けだし  

春めいて来て居ます。

山は 通常のスキーエリアは  3月で終了するので

雪が有る内は 通うつもりです。

レースは自分の中では引退しましたが

自らの滑りの課題は幾つかあり

その追求に入って居ます。

フロントサイドターンのエッジへの加圧はほぼ出来ていますが

バックサイドターンの時のエッジへの力の入り方がマダマダ 足りなくて

今はその部分の意識の改革に入って居ます。

高速に成ると その恐怖心から  どうしてもエッジに乗る頃が出来ず

多少のずらしが出てしまい シュプールを見ると 

ターン孤にずれが出てしまい、 雪面を刀で切った様な

綺麗なエッジの跡が  足りません。

板を外に押し出す力が未だ不足しているからで

板の立て方、 身体の倒し方が足りて居ない結果です。

今回はそれが少し出来る様に成って来ました。

スノーボードは  落下して行くスポーツで

サーフィンの様に 波とのインスピレイションの世界とは異成り

自分が行きたい所に行く事が可能です。

只 綺麗なカ―ビングを完成するには

思い切った 遠心力の中に 身体を 倒しこんで行く度胸が必要です。

倒すには当然スピードが必要で

どうしてもスピードに乗った高速ターンに成って行きます。

エッジに乗って高速でターンする事が

スノーボードの基本的な喜びで 転倒するリスクは有りますが

それを克服して技術を高めていく事が自らのスノーボードライフの

究極の目的で、其れだけの達成感は有ります。

サーフィン同様 長い長い時間が必要です。

又サーフィン同様  持続する事が 必要です。

自分に合った  相性のいい 板と ビンデング

それにハードブーツ  の相性 が必要不可欠です。

これもサーフィン同様 色々と試行錯誤が必要で  何年も掛ります。

今は 自分の滑りに満足が行く所まで 

それが目標です。

完成度を  100としたら 今 自分なりには 89%位と感じています。

バックサイドの綺麗な刀で切った様な エッジの後を雪面に刻む事が出来た時が

私のスノーボード ライデングの完成の時です。

今季完成させるつもりです。



今朝の富士さんです 2018/02/19 (Mon)
1518994577.jpg 1518994900.jpg 昨日の日曜日 何処も良い波でしたね

私は10時から  2時間  パークに入りました。

正にポイントパニック でヘッドランドの左、江の島寄りが

混雑で 中々良い波は乗れません

それでも時々ポジションが良かったのか

結構 本数は乗れました。

手前に キッズのスクールが居るので 気を付けなければならないですが

指導者も子供達をガードしなければならないので 大変だと思います。

GODDESSのテームライダーの斉藤氏がヘッドコーチで

オージーズメンバーの矢部っちもコーチです。

この日は会わなかったですが クラブ員の  フナちゃんもコーチです

皆ボランテアみたいな物で 良くやってくれています。

この日の波はパークでは極上の波で アウトからテイクオフすると ビーチまで

繋げて乗る事が出来て ロンガ‐の自分には 久方ぶりの良いサーフィンが出来ました。

又 中ほどからもテイクオフ出来る波が入るので

この日のパークは色々な場所から波に乗れて

一か所に集中する事も無く 皆がそれぞれ 楽しめた 良い一日でした。

昨日は 富士山は 春霞で うっすらとしか見る事が出来ませんでしたが

今朝の富士山を見る限り

もう、  春遠からず   と云う感じに成って来て居ます。

一中の歩道橋から 撮った物ですが

冬の富士山は 何回も撮って居ます。

季節の移り変わりは  富士山を見ていると  良く分かります。

日本海側には今でも雪に見舞われていますが  

太平洋側には 意外と雪は降って居ません。

長野の山には良く行きますが、飽く迄も太平洋側で

積雪量は 少ないです。

それは富士山を見れば 良く分かります。

雪は決して多くは有りません。

既に裾野の方は 山肌が 日に日に 多く成って来て居て

雪解けが始まって居る事が分かります。

海に入って居ても それは伝わって来て居て

もう、グローブは要りません。

ブーツはもう少し先まで履きますが

 {スプリング ハズ カム}   です。

今日は月曜日  朝9時から 定例ミーテイングです。

4月22日 クラブ員大会の日程も決まり 準備に入ります。

今日は天気も良いし 気持ち良いですねー

元気に、明るく、一生懸命 働きましょう。

もう、  春ですから。


4月22日 GODDESSクラブ員大会決定 2018/02/17 (Sat)
1518854918.jpg 今季 春の GODDESSクラブ員大会の日程が決まりました。

4月22日  鵠沼海岸 です。

後2カ月有ります。

練習を積み重ねて  思い切り 実力を発揮してください。

試合形式は 今まで通り

スポンサーは  前回同様 国分(株) アリ―ゼカップです。

年々 クラブ員の実力も 上がって来て  良い試合が出来ています。

茅ケ崎、辻堂、鵠沼  と3店舗から クラブ員が参加します。

NSAの全日本を目指す選手、

JPSAプロを目指す選手

まずはGODDESSクラブ員大会からです。

大会の全体の流れ、ローテイション、 ジャッジングルール等

大会に必要な色々な事を学んで行きます。

又波に合った板のチョイスも学んで行きます。

スモ―ルウエーブ、 ビッグウエーブ、 掘れた波、  タイトな波

色々な場面を想定し 板の選択を 誤らない様に しなければ成りません。

試合の 多くを学べるのも  GODDESSクラブ員大会です。

日本で 最も多くの試合を消化して来て居ます。

又、複数の 現役プロが  ジャッジしてくれる 大会はそんなに有りません。

とても恵まれた 内容のある 大会です。

又 その選手の サーフィン歴によって クラスも分かれて居ます。

60歳以上の レジェンドクラスも有るのが GODDESSの歴史です。

キッズ から レジェンド迄 幅広い 層が 集まって居るのが 

GODDESSクラブ員大会です。

アフターコンテストは  鵠沼店の前で  表彰式  BQQ大会を開催します。

国分(株)様からの  美味しい洋酒   アリ―ゼ  が提供されます。

大会は 例年通り、  エントリー枠も有るクラスが有ります。

お早めに エントリー して頂けると助かります。

    写真は鈴木 正選手
 昨年の全日本選手権大会(静岡磐田市)
ロイアルクラスに 出場し  優勝した時の写真です。

バイロンベイ 2018/02/17 (Sat)
1518851445.jpg 1518851513.jpg 1518851589.jpg 1518851729.jpg 1518851859.jpg 1518852000.jpg 伊良湖の極寒のサーフィンのブログをアップした後で。

オーストラリア  バイロンベイから  椎名さんの 映像が届きました。

バイロンベイは 気温30度  真夏真っ盛りです。

持つべきものは 友達で 色々な所から 素晴らしい 情報が来るので

楽しい限りです。

自分では出来ない事を 周りがやってくれるので 自分も其処に

行って居る様な 錯覚に陥ります。

暖かい所で育つ 植物は 緑が一層濃く 葉っぱもふさふさで

目に入って来る景色が違ってきます。

Prev ← [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] → Next