鈴木正の歴史 契約ライダー紹介
駿河太郎氏 太郎ちゃん  です。 2017/07/20 (Thu)
1500500316.jpg 18日 夜 8:58〜 テレビ東京 何でも鑑定団

見て頂けましたか?

私が トップバッターで  お宝を鑑定した  その人は

この人 駿河太郎氏 が持ちこんだ ロングボード でした。

駿河太郎氏  太郎ちゃんは  

あの大物芸能人  お笑いの  ツルベイ さんの息子です。

刑事物ドラマ、 釣りバカの鈴木建設の社長の   息子役 もこなしている

売れっ子の役者さんです。

板は オーストラリアのナットヤングの  ロングボードでした。

昔 ナットの板を ドナルドタカヤマ に私が 依頼し 作って貰った事が有ります。

その板かどうか 興味深々で 見させてもらいましたが

残念ながら ドナルドのシエープでは無く

オーストラリアの ロ二‐ウッドワードのシエープでした。

太郎ちゃんが提示した希望価格は  ¥200,000でした。

私が出した 判定は  ¥80,000 です。

理由は ユースドで 傷も有り 凸凹が沢山入って居て 高く見積もっても

¥80,000が限度でした。

まあ、そんな出会いが有って  太郎ちゃんとは親しくさせていただいて居ます。

先日のイベントでもお会いできました。

今度一緒にサーフィンしたいと思って居ます。

太郎ちゃんは  サーファーで 友人がいる 鎌倉でやっている様です。

明るく 快活な青年で  今後更に 活躍して行くと思います。

是非、サーファーとして 応援して行きたいと思います。

サーファーズジャーナル マガジン 2017/07/18 (Tue)
1500364929.jpg 1500365012.jpg 1500365080.jpg アメリカ サーファーズマガジン  の日本語版

今発売中です。

其処に載っている 僕の昔の写真です

日本人として初めて ハワイ{ マカハ インターナショナル サーフィンコンテスト} 

に出場した日本人  4名です。

川井幹雄、 ドジ井坂 、 川名孝夫、 私   です。

波は  ストーム が襲来し  15フィート  と云う強大な サイズに成り

誰も 乗れずに終わってしまいました。

マカハは サウス側に位置して居ますが

強大なモンスターは  ノースショアの  ハレイワの橋おも 破壊する程の

凄さでした。


話は変わりますが  既に何日か前に 告知しましたが

今晩、 8時58分〜  テレビ東京 { 何でも鑑定団 } に出演します。  

トップバッターです。

是非 7チャンネルを最初から 見てください。

詳しく話す事は出来ませんが

大物芸人の息子さん が持ちこむ サーフボードの  鑑定です。

面白いと思います。 


しかし、今日の カミナリ ものすごかった ですね。

近年には無い 激しい物でした。

自然の驚異  ですね。

これで梅雨明けするって事ですかね。

丁度  シエープ中  で 停電が何回も有って 偉い時間を浪費しました。

工場の屋根は トタン屋根 で 叩きつける雨の音と  瞬間的な強風 

今まで体験した事のない 激しい 落雷、 

まるで この世のものとは思えない様な 自然の驚異

上空で とんでも無い 巨大なエネルギー がぶつかり合い、

カミナリ  と成って 落ちて来る、  何回も何回も  です。

こんな激しい雷は 今まで 経験した事が有りません。

凄かったです。

カミナリが成った時は 海から 直ぐに上がりましょう。 サーファーの鉄則です。

私のユースドボード お買い上げ 2017/07/18 (Tue)
1500333792.jpg 1500333924.jpg 先日ブログで紹介させて貰った

私のユースドボード  葉山の S さんが購入してくれました。

S氏は 僕のハンドシエープの板を 3本使って居てくれます。

何年か前には  ガン を1本シエープしました。

年に何回しか立たない ビッグウエーブに挑戦する為に削りました。

今回の板は ドリーミーの開発中の 1本で

掘れた波の時に 使って居た板です。

ドリーミーの中では最も細く ハワイでも使える1本です。

気に入って居た板で 取って置きたい、と思って居た板で

少し 寂しい気がします。

ドリーミー の開発コンセプトは 

そこそこ、オジサンに成って、パドリングが キツク成って来た頃

それでも やっぱり  ショートの感覚が忘れられ無い。

そんなサーファーの 為に開発した板で

楽に乗れて、乗ったら  ショート感覚で 板が動かせる。  と云うコンセプトには

ハマらなかった板で 手放す事に成りました。

ドルフィンも出来るし 良い波の時に使って貰いたいと思います。

何時も有難うございます。 

浦安の 波男 から 北の方の 波が届きました 2017/07/17 (Mon)
1500248372.jpg 1500248450.jpg 1500248569.jpg 1500248792.jpg 茨城  日立 福島方面へと 舵を切った

波男から 久方ぶりに  写真が届きました。

波が割れている 誰も居ない海に、何か 不思議な感じさえします。

そんなドリーミーな 世界に どっぷりつかって居る  波男は

一体 何を考えているんでしょう。

送って貰った  写真から  それぞれ 感想を感じ取ってください。

全ての サーファーの  ドリーム

全国のポイントを 1年間 かけて トリップする。

こんな事が出来るのは 恐らく  波男 以外には 居ないと思います。

ツバメ君 巣立ち 2017/07/16 (Sun)
1500184660.jpg 茅ケ崎本店の  駐車場の 裏側に  春先から 巣作り して来た

ツバメ君が 遂に巣立ちを迎えました。

最初は 5羽 居たんですが いつの間にか  3羽に成って居ます。

と云うのは  時々  悪魔の  カラスが  巣を襲撃して居て

何回か 追っ払いました。

悪魔のカラスが来ると親ツバメが カラスを撃退し追っかけて行くのを何回か目撃しました。

2羽の子供は カラスにやられちゃったかもしれません。

でも  昨日 3羽 顔を出して  大きく育って居ました。

今日 もう一度見ようと思って  巣を覗くと  ナント 

3羽 全てが巣立ってしまって  巣は もぬけの殻に成って居ました。

ここ何カ月 ナントは無しにツバメを観察して来ましたが

とても楽しい時間でした。

毎日巣の下には  ウンチが一杯オッこって 居て

ウンチの大きさも 日に日に 大きく成って行くのは 雛の成長の

バロメーターなんでしょう。

其処に  水のボトルを置いて 掃除してきましたが、

これも楽しく

又 来春、ツバメが来てくれるんだろうか、 心配です。

日が立てば いつの間にか  忘れしまう事なんですが

コンクリートの壁面に 泥で 巣作りし、  卵を産んで  それがカエリ 

{ピーピー} と小さい声で泣き出し  餌を運んで来た 親鳥が 返ってくると

その声は 段々大きく成って来て、

その成長の度合いが分かります。

アっと云う間に成長し  高い場所の巣から イキナリ 飛んで行ってしまう。 

ツバメの生きるべく 自然の習性力を 感じずにはいられません。 

又 来年 同じツバメが  返って来たら 嬉しいです。


Prev ← [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] → Next