鈴木正の歴史 契約ライダー紹介
オージーズ伊豆ツアー 2018/04/10 (Tue)
1523318465.jpg 1523318559.jpg 1523318629.jpg 1523318710.jpg 1523318790.jpg 昨日一昨日 と伊豆に行って来ました。

朝出る時に 茅ケ崎、大磯 と極上の波が入って居て、

何でこんな時に  伊豆 ?  という感じで 出発しました。

日曜日と云う事で 何処も朝から一杯で 吉浜を見ながら伊豆に向かうと

吉浜も左程波サイズは無く

今井浜辺りは 波が全然小さく、 アレっ、 ておかしいなー と感じました。

途中ファミレス  で朝食、

伊豆支部長の  タエチャンから 長いメールが入って

伊豆の状況が事細かく 記されています。

西風が強く  白浜は 意外と波が無くて タタドがオンショアだけど 腹、肩 

もしデカクテ、ダメだったら 弓ヶ浜が小さいけど 良いかも、

と云う情報、入田浜もチエックし やっぱり ダメで 弓ヶ浜に向かいました。

弓ヶ浜は 初めてのポイントで 実に綺麗な 美しいビーチで

弓の様に湾曲して居るので 命名された海岸だそうです。

波はヒザ腿位で 他よりは 風も弱く 良い感じなんですが

潮回りが良くなくて  ダンパー  で 波質的には バッドでした。

入田浜で 偶然有った ジェフマック (シエーパーでカルフォルニアから日本に来て日本人と結婚し

近くに永住)  からも 弓ヶ浜が波は小さいけど 其処がベスト  とアドバイスを受けて居ました。

ジェフは 此処でシエープした板を 当社の工場に持って来て  仕上げまでをやって居た事が

有り、長年の友人です。

昔のカルフォルニアの歴史 を知っている 貴重な外人です。

  弓ヶ浜は 午後3時までやって 温泉宿の白浜に戻り まずは温泉に浸かって

3階の部屋は全て自由に使って良い、と言われているので 各自 適当に海側の部屋に

分散し のんびりと 一杯飲みながら 歓談。

4時頃 後発部隊の和尚さんから今 伊豆高原 後 1時間程で付きます。

と連絡が入る。

タタドは結構サイズのある波が入って居るのに  白浜は 何故が乗れる波は無い。

湘南が極上の波が入って居るのに

伊豆が こんな事は過去殆ど無く 不思議な感じがします。

6時から  楽しい夕食と宴会

タエチャンとキコリも来て、友人のマリーナの酒井君も来てくれて
夕方の宴が始まりました。

北海道から来てくれた  田中さんに乾杯の音頭を取って貰い

更に   酒井君 (日本サーフィン連盟理事長)  から サーフィンのオリンピックの

話をして頂き、宴会は始まりました。

民宿おばちゃんも 料理を奮発してくれて

今回は贅沢な釜めしと白浜の郷土料理、 更に豪華な、金目、 迄

付けてくれて 感謝 感謝  です。

二日目の 昨日は  タタドが良い波が入って居て 

7時30分の朝食を早々に頂き 8時にタタドに向かう。

天気も良いし 昨日の ストレスも溜まって居て 勢いよく 海に入る。

やや1名 狩野さんが 右肩の脱臼後が 少し芳しくなく 入れないので

狩野さんに カメラを頼もうとしたんですが  何故か 接触が悪く

何度やっても 上手く機能せず 撮影は諦めました。

バッテリーも充電し 万全で来たつもりが 残念でした。

まあ、兎に角 全部で13人 怪我も無く 無事に帰って来れて 良かったと思います。

1日目、弓ヶ浜の突風でビーチに置いた 新井さんの板が 10mほど 吹っ飛んで行ったのには

ビックリしました。 砂浜が柔らかく板は無傷でした。

オージーズツアーも 会を重ねるたびに 色々な状況に遭遇し

それが良い思い出に蓄積されて行きます。

社会人として それぞれが 社会の荒波の中で戦い生活し、その中で

サーフィンを通じ 年 3〜4回 ツアーを通じ相互の親睦を深め

一つのファミリーの様な 暖かい空気が生まれ

今では強い絆が生まれて来て居ます。

北海道から参加の 田中さんを見て頂ければ 理解出来ると思います。

彼が北海道からこのツアーに参加するには 時間、プラス 費用 を考えたら

大変な事です。

それでも田中さんは 全てのツアーに参加してくれています。

凄いと思います。

オージーズツアー これからも続けていきます。

今シニアサーフィンスクールがスタートしました。

このメンバーの中からも オージーズに加わる事は可能です、

メンバー加入の条件は メンバーが受け入れてくれれば 良いだけです。

  時間切れです。  今から仕事です。

今日も 須田さん (70歳のフジテレビのアナウンサー)スクールに来ます。 




入荷遅れのご報告 2018/04/07 (Sat)
1523053715.jpg 1523053938.jpg 1523054030.jpg 1523054160.jpg 現在海外で生産に入って居る ニューモデルの納期が

少し遅れる旨の連絡が入りました。

ニューモデルの ラインナップ

1.ノーズライダー  (カラーデザインツーパターン)

2.ヌーサモデル   (カラーデザインツーパターン)

3.マスターシエープ (カラーデザインツーパターン)

4.ツーピース ロング(カラーデザインツーパターン)

5.チャレンジャー  (カラーデザインツーパターン)  映像なし、只 ツーピースロングは
  このチャレンジャ−がベースに成ります。

以上の5機種です。

全て スペックを変えて新規にシエープし直しました。

その分予想以上に時間を必要としています。

写真は 上記の順です。

当初納期は 4月半場〜 でしたが  5月半ばに変更に成ります。

既に御注文頂いて居るユーザー様には大変ご迷惑を御掛けしてしまい

申し訳なく お詫びいたします。

現在 NoosaModel 1本が 鵠沼店にストックされています。

気に成る方は是非鵠沼店で ご覧に成ってください。  販売用です。

  今日 土曜日 ミニFMラジオ  

 { 湘南マジックウエーブ }  に生出演します。

10時から始まります。  

私のコーナー {スーさんのサーフィンマジックウエーブ} も有ります。 

リスナーさんから  私への質問コーナーが有ります。

サーフィンの事  恋愛、日常 他何でも質問してください。

20分位ですが  2曲良い曲が 流れます。

電波が 広範囲では無いので 聞いて見たい方は

goo.gl / AcZQQ5 こちらのURL で簡単に聞けます

尚 質問は  FAX 0463-62-0856 へお願いします。 

今日は朝から海風が強く オンショアでの  サーフィンに成りますね。

こんな時の 穴場は 大磯、 吉浜  が ポイント です。

又オンショアが 強い時の  GODDESSのショップ下も 意外と良い波に成ります。

暖かいし オンショアで指をくわえて居るには もったいないです。

何処か 入った方がすっきりします。

4月22日 GODDESSクラブ員大会 2018/04/06 (Fri)
1522969035.jpg 1522969152.jpg いよいよ 春のGODDESSクラブ員大会が マジカに迫って来ました。

写真は 昨年秋の  茅ケ崎での 大会風景です。

波は まれに見る グッドウエーブで 大会史上  1、2を争う程でした。

只、雨、がひどく 過酷な状況でした。

GODDESSクラブ員大会は年2回、 春は鵠沼  秋は茅ケ崎 です。 

今回も  (株)国分 様が スポンサーで

アリ―ゼ と云う美味しいお洒落な お酒が提供されます。

競技終了後 鵠沼店前で  表彰式 & BQQ大会 が開催されます。

BQQパーテイだけの参加も出来ます。

大会エントリーは 始まって居ます。

湘南3店舗  何処でも受付しています。

各クラス  出場枠が有るので、出場希望者は 出来るだけ早くエントリーして下さい。

又 2種目出場可能です。  

その場合は エントリー時に説明を受けてください。


 又 クラブ員の皆さんにお願いです。

クラブ員大会は 当クラブが開催する大会です。

全員で手伝って協力してください。

朝の テントの設営、 競技終了後の  テントの解体撤去 等

皆で協力しましょう。

この事は クラブ員として 色々な事を実際に学ぶ大会でもあります。

又クラブ員大会と言えども NSA全日本サーフィン連盟の競技ルールに従って

競技ルールは適応されます。

大会の運営、進行、 ジャッジルール、自らの出番のチエック等

多くを学べる大会です。

上を目指す選手はこのクラブ員大会で 色々な事を学び 更に飛躍して行って

貰いたいと思います。

 茅ケ崎、藤沢支部も  全日本の予選がスタートします。

その前哨戦として頑張って貰いたいと思います。

GODDESSサーフィン大会は 長い歴史を持った大会です。

GODDESSは過去 全日本チャンピオンを 10名送りだしました。

この実績は 未だに破られる事は有りません。

その伝統を引き継いだ  クラブ員大会です。

是非 大会は日頃の練習成果を発揮できる様に 

又、クラブ員の親睦を計る事も大事な目標です。

目一杯 楽しんで皆で盛り上げて  頑張りましょう。 


二人とも 初乗り 2018/04/05 (Thu)
1522903032.jpg 1522903110.jpg 昨日は 偶然ですが

 私と 和尚さん が ニューボード  初乗り日  でした。

鵠沼に集結し 一緒に入りました。

和尚さんの板は  剛シエープの ニューモデル

 { CPシャドームーン } と云う機種です。

剛の ハンドシエープの板です。

この CPシャドームーンは現在 海外生産に入って居ます。

デッキ、ボトム共 バンブー (竹) でレールは カーボンです。

 私の板は EPS素材の ロングで 6,7キロで上がりました。

昨日 鵠沼は 前日同様 アウトから割れて居て 良いコンデションでした。

テストするには 上々のグッドウエーブ でした。

 私の板は長さは有りますが 軽量化を計ったお陰で

動きは 長さを全く 感じさせず かなり軽快に動けました。

通常よりは ほんの少しノーズロッカーを落としテイクオフを早める様にシエープしました。

テールロッカーは通常よりは幾分多めに。

 1本だけ アウトからサイズのある波を捕らえたので

ボトムで 思い切り深いレールを食い込ませたターンをやってみましたが

スゴク切れが良くて 納得のいく テストが出来ました。

 潮が上げて来て 段々 トロク成って来たので 早めに上がりましたが

初日だけは 絶対に板を傷付けたくないので早々に上がりました。

 和尚さんも 板の長さがそんなにないので ロングのポジションから

テイクオフするには 良いピークに居ないと難しかったんですが

何回か 良い波を捕らえて居ました。

{COシャドームーン}  の特長を上手く 捕らえて居ました。

 私はロングは今 4本持って居ますが 今回の板が 今後乗り込んで

これで行ける、と成ったら 何本かは手放すつもりです。

新しい板を乗る時は 何時も ワクワクする 緊張感が有ります。

今回の板は かなり良い感じです。

デザイン、も気に入って居ます。 ヤバイ です。


シニアサーフィンスクール 2018/04/05 (Thu)
1522882817.jpg 1522882908.jpg 火曜日 シニアサーフィンスクールが スタートしました。

今回の受講者は  2名

その内の1名は 前回 スクール受講した

フジテレビアナウンサー  70歳の須田さんです。

もう一方 は自己流で サーフィン やり始めて 中々旨く乗れないので

もう一度最初からやってみたい。  と云う事で参加しました。

シニアサーフィンスクールは 私がコーチします。

9時30分から 教室で 座学を20分

その後ウエットに着替えて 板をそれぞれ持って ビーチへ

ビーチで 準備体操

砂浜に板を置いて 初歩的な立ち方 姿勢等のチエック

それから 海に入って 約 1時間30分 サーフィン指導

須田さんは 前回2回ほど立ちましたが 今回は4回立つ事が出来ました。

ゴカイさんは 短か目のソフトボード

最初はテイクオフのタイミングが早すぎてダメで 

それを修正し  板が走りだす(テイクオフ)してから 立つ。

を繰り返しやった事で後半はスゴク良い姿勢で 立てるように成りました。

5回コースの1回目で ナントカ立てる様に成って来てるので

最終回までには かなり 完成度は上がって居ると思います。

二人とも 頑張りました。

スクール終了後  須田さんは一緒に茅ケ崎に戻り

オージーズメンバーの 臼井氏 と一緒に 名物蕎麦屋に行きました。

これもシニア層の楽しみの一つでは有ります。

サーフィンを通じて 人生をエンジョイする  これに付きます。

シニア層の方 是非 遊びに来てください。

GODDESSオージーズメンバー 11人  4月8日〜9日 伊豆サーフィントリップです。

皆60歳、前後の方です。

定年退職された方、未だ仕事されている方、お寺の住職、色々です。

皆 サーフィンを通じて 人生が変わった方 ばかりです。

仲間と一緒に 伊豆でサーフィン、  最高です。

決して贅沢では無い民宿に泊まって 温泉入って、美味しい食事をし、お酒を飲んで、 笑って、

こんな楽しい事は有りません。

北海道の田中さんは オージーズツアーを欠かした事は有りません。 皆勤賞物です。

未だ雪が降って居る北海道から来るんですよ。

どれだけ入れこんで居るか分かりますよね。

彼は北海道でも サーフィンやって居ますが

当 鵠沼店へ 1本預けて有って 時々来てサーフィンしています。

{粉雪サーファー }と呼んで居ます。朗らかな方で 素晴らしい人です。

今回は女性も2名 参加して居ます。

一人は 恐らく還暦?マジか(失礼にあたるので) です。

サーフィンはバッチリで  ショートに乗って居ます。信じられないでしょう。真実です。

こんなバライテイな面々が  GODDESSオージーズ  です。

サーフィンを通じて出来あがったコミュニテイ  です。

Prev ← [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] → Next