鈴木正の歴史 契約ライダー紹介
湘南マジックウエーブ ミニFMラジオ 2017/08/15 (Tue)
1502762711.jpg 写真は 湘南マジックウエーブ  ミニFMの  大磯のスタジオです。

パーソナリテイの  竹見さんと  1っカ月に  2回

土曜日の  朝 10時10分ごろから  私 鈴木  正(タダシ)の

{ スーさんのサーフィンマジックウエーブ } がスタートします。

何でも質問コーナーが あり、 どんな質問にも  私 スーさんが お答えします。

質問の仕方は 幾つかありますが

スマホ から メールで   ( 856@fm-smw.jp)

ツイッター 井SMW856(ハッシュタグSMW856)

又は FAX 0463 (62) 0856

いずれかの方法で サーフィンの事、  恋愛、 何かのトラブル、 学校の事、何でも

質問してください。

8月は 既に 2回やって終了です、  

9月の 予定は

9月2日(土) 、 9月23日(土) 朝 10時 10分ごろ  出演します。

生放送ですので {  スーさんのサーフィンマジックウエーブ } に質問してください。

パーソナリテイの 竹見さんも サーフィンにトライした事が有るそうです。

サザンが 命 で何時か このスタジヲに サザンを呼ぶ事が 夢  と言って居る

素敵な お嬢さん アナウンサーです。

デレクターは  星槎国際高等学校の大学の生徒が 担当して居ます。

さんまさんの娘 イマル さんに似た綺麗な方です。

湘南マジックウエーブは 素晴らしく 良い曲が流れます。

僕の方からの リクエストも 探してくれて 用意してくれます。

前回は ブラザーコーンのトムさんの ヒット曲を流しました。

ビートルの サムシングも流しました。

これからも良い曲をリクエストして行きたいと思います。

次回は サザンの名曲  (ツナミ )なんかも ラジオから流れると 良いかも。

何時か 探して頂いて 僕の好きな  {ボストン }も流したいとおもいます。 

ドリーミー テストボード 完売しました 2017/08/15 (Tue)
1502752003.jpg 昨日 名古屋から  S氏が来てくれて

私のドリーミー テストボードの  最後の1本をお買い上げ頂きました。

S氏は  ホットステックも 愛用して頂いて居て これが2本目です。

他の板も 何本か乗って見たんですが と言って 遠くから

来て頂いて居ます。  有難うございます。

15年ほどやって居る、と云うベテランなので キット このドリーミーを

乗りこなしてくれると思います。

ドリーミー3本の中の 一番楽な板です。

伊良湖ロングビーチのタラッとした波をアウトから楽にテイクオフ出来ると 思います。


今日は朝から 雨がぱらつき 天気が はっきりしません。

波も無いし 5号台風が 神様の襲来  の様です。

明日辺りから 波が出そうな感じには成って来て居ますが、お盆が終わったら

ソロソロ脱出を考えています。

脱出するには 仕事もこなしてからで 無いと 気持ちが落ち着かないので

昨日、今日も リペアの板を バンバン修理し コナシテいます。

お陰で 指周りが 少しかゆいです。  ファイバーを使うと 必ず手の周りが

かゆくなります。グラスファイバー、ポリエステル樹脂が影響して居るんだと思いますが

商売柄 仕方ありません。

今日 夕方ぐらいから 波が少しは反応してくるようです。

波が出たら 入ります。

さあ、 今日も 元気で やりまっせ。((笑))


10月22日 秋の GODDESS クラブ員大会(茅ケ崎) 決定 2017/08/14 (Mon)
1502684193.jpg 1502684896.jpg GODDESSクラブ員大会の日程が決まりました

10月22日 (予備日 10月29日)

場所は 茅ケ崎 パーク前〜 ラチエン前  迄です。

大会内容は 春の鵠沼の 大会と同様です。

湘南3店舗にて エントリーして下さい。

大会出場要項

1.GODDESSクラブメンバーで有る事
2.使用 用具(板、ウエット)は GODDESS 各店で 購入した物に限ります。
3.エントリー締め切りは  各クラスとも 先着順となります。
  詳細はエントリー用紙で確認してください

3年後の サーフィン オリンピックゲームは 日本で開催される事が決まって居ます。
GODDESSも応援して行きます。

GODDESSクラブ員大会は 今回で62回目に成ります。

日本で最も古く  年2回開催してきたので 第62回目の大会となります。

伝統のある 大会に出場する事は 意義のある事だと思います。

ジャッジは 当社の契約プロ3名を含め全日本選手が行います。

大会後は  表彰式 BBQパーテイを行います。

是非 多数の参加を募って居ます。

エントリーはお早めに。 



日本Team やりました 2017/08/13 (Sun)
1502577032.jpg 100メートルリレイ ジャパンチーム  やってくれました。

3位の結果は 凄いです

今まで世界陸上 で一回も無い 快挙です。

アンカーにバトンが渡った瞬間では ボルトに前を譲って居ました。

このままでは 日本は4位に食い込むのが精いっぱい、  と云う緊迫した状況でした。

所がです。 ナント 世界中が最も注目している

あの ウサインボルト 選手が 突然 苦痛に顔をゆがめて 左足の太ももが痙攣し

脱落したのです。

日本のアンカーを務めた 最年長の選手の落ち着いた走りが 功を奏して

3位でゴールを切る事が出来ました。

ボルトの  最後の最後の ラン  は誰もが予想だにしない 結果で幕を閉じた訳です。

100メートルも アメリカのガトリンに敗れ かれは屈辱の 銅メダルでした。

そのドラマチックに演出されたボルトの為の 今回の 世界陸上、

幕切れは実にあっけなく 想像を超えたドラマチックな 結果となってしまいました。

それにしてもジャパンチームの 結束力はすさまじく

100メートル、400メートル どの種目も 単独でファイナルに残る事は叶いません。

それが4人のチーム  結束する事で  世界の 3番目に 食い込む事が出来た。

と云う結果の素晴らしさです。

日本独自に研究してきた  バトンの  アンダーパス  と云う技術、

今回も バトンタッチで  バトンを落とす  と云う場面が 他のチームにありました。

その中で日本が開発した アンダーパス  と云う技術が 彼らの 流れる様なバトンタッチ

を実現したんだと思います。  素晴らしいです。

又 驚く事は  監督の選手の起用  です。

100メートルで 日本人只一人 決勝に残った  サニー 選手、良い走りをしていた

選手を使わなかった事です。 ケンブリッチ 選手も外しました。

テレビから 少し伝わって来た事は  バトンタッチの 流れからの様です。

リレイは  バトンの受け渡しが勝敗に大きく関わるので 監督の采配が

結果を導いてくれたんだと思います。

又、桐生選手の 出番が有って本当によかったと思います。

日本人で最も早い記録保持者は 桐生です。

それが日本での選考会に敗れ 100mに出場する事が出来ませんでした。

それがリレイのベンバーに抜擢され 素晴らしい役目を果たしてくれました。

ボルトが故障したお陰  と云うか  これが競技の世界です。

サーフィンも同じです。

上手い選手が 必ず勝つ。   と云う事はありません。

陸上と違って 海は他にもう一つの要素が有ります。

それは 自然の計りしれない 波周り  です。

良い波が捕らえる事が出来なければ 良い演技は出来ません。

サーフィンの方が もっともっと 奇跡に近い結果を生むのです。

私も 8月 22日から始まる 静岡 豊浜での全日本に出場します。

どんなドラマが待って居るか  とても楽しみです。

目標は 1回戦を勝ち上がる事です。

それに1年を掛けて練習して来て居ます。

1回戦を勝ち上がる事が全て  です。

陸上の ジャパンチームの 結果を見て 凄いパワーを貰いました。

集中して結果を出した 4人の サムライ達

君達は 日本の誇りです。  御苦労さま おめでとう。 

マッスルの板 完成 2017/08/12 (Sat)
1502541846.jpg 数々の 大会、イベントで MCを務める マッスル  のロングが完成しました。

身長  190  体重 120キロ ハワイアンに負けじとも劣らない

堂々たる 体格です。

その板を削ると成ると 最早 サーフィン用の フォームはありません。

EPS、 SUP用の材料から 削り出す事に成ります。

エポキシで 巻いているので 軽く 頑強に仕上がって居ます。

板 幅が有るので  デッキのレール寄りに 取っ手を掘って埋め込んであります。

パーツが直ぐに手に入らなかったので 全て手作りで 製作しました。

テール側に フィンも付けてみて センターの位置を見つけ、そこに 穴を掘ります。

その穴を エポキシと クロスを何枚か重ねて 固めて 手がフィットするように 細かな

加工を施し 仕上げて行きます。

朝 から作業に掛り ナントカ 夕方までに 完成させました。

マッスルは 早速 明日 千葉方面に行って初乗りする様です。

乗り味はどうか また 報告を聞くのを 楽しみにしています。

Prev ← [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] → Next