鈴木正の歴史 契約ライダー紹介
Proが撮ってくれた 大会風景 2018/07/14 (Sat)
1531552734.jpg 1531552905.jpg 1531552995.jpg 1531553102.jpg 1531553205.jpg 1531553303.jpg 1531553379.jpg 1531553450.jpg 1531554742.jpg 写真は何時もお世話に成っている

PROカメラマンM氏が 撮影してくれたショットです。

自然な感じが読み取れて素晴らしい作品に成って居ます。

頭にめり込む程の重い板を 頭にのっけて海から上がって来る所の

写真がスゴク気に入って居ます。

オンフィンのフォイルも良い感じで 一生の 宝物です。

又 普段全く乗る事の無い 大昔の板を バクサイドで テイクオフして

 走って見ると

昔が思いこされ 意外と良い流れに乗る事が出来ました。

この僕の削った ビンテージボードは  9,6  で 

何故か ハワイから招待されて来て居たあのワイメアのビッグウエーバーのエデイが

使ってくれました。

又レジェンドのプロ部門優勝の マメ増田 もこの板で優勝しました。

嬉しいですね。

僕も久方ぶりに乗って見て  写真からも分かる様に 意外と

ライデングは スムースで 板の重量が  12キロも有るとは思えません。

エデイが乗ってくれた板として 家宝として保存して置くつもりです。

最後の1枚は エデイが乗って居る所です。

マーボロイアル 大会 2018/07/14 (Sat)
1531528280.jpg 1531528356.jpg 1531528416.jpg 1531528479.jpg 写真は先週日曜日 辻堂海岸で開催された

マーボロイヤル の大会での映像です。

元 クラブ員の笈川さんの息子さんが撮ってくれたものです。

感謝して居ます。

ビンテージボードで 約12キロのヘビーな 板です。

シングルの オンフィンで スリーストリンガー をボランクロスで頑強に丈夫に

巻き仕上げた板です。  一生物の板です。

大会ルールは  ノーリーシュ ゼッケン識別は Tシャツのカラーです。

このバックサイドは 自分の中では 一番のライデングでした。

イラストレーター 小林康彦氏 を囲む会 2018/07/13 (Fri)
1531445451.jpg 1531445531.jpg 1531445628.jpg 1531445690.jpg 1531448836.jpg 昨日  有楽町駅前の 電気ビル 20階 で

開催された  小林康彦氏 を囲む会 (パーテイ) に参加させて頂きました。

石川次郎氏の呼びかけで多くの著名人が集まりました。

石和次郎さん、小林康彦氏のコンビは  平凡パンチ  です。

日本で サーフィンを取り上げてくれた  最初の雑誌が 平凡パンチです。

その当時 石川次郎さん(次郎さん) は未だ 編集者で

僕が茅ケ崎球場の海側に有った 使われていないレストランを借りて

其処で サーフボードを削って居たのを 取材に来てくれて

日本で 初めて雑誌に  サーフィンが紹介された 記念すべき 雑誌

それが平凡パンチ で、 それを取り上げて得たのが呉れたのが

石川次郎さん イラストは小林康彦氏 です。

パーテイには サーフィン業界からは ドジ、テッド、と私です。

次郎さんに言われて スピーチもさせて頂きました。

最後の記念撮影は有名な 加納典明氏が撮影しました。

 古い資料はその昔 平凡パンチに載った貴重な物です。

当時は ワーゲンがステイタスで ワーゲンにロングを積む事が サーファーの夢でした。

左下のハダカで 板を削って居るのが 当時の僕です。

当時は 平凡パンチが  若者の全ての情報誌で パンチに載った事で

サーフィンが若者に受け入れられ 第一期 サーフィンブームへの きっかけ作りに成った事は

間違いありません。

石川次郎氏 小林康彦氏のサーフィン業界に及ぼした 功績は大 です。

今でも交流をさせて頂き 本当に感謝しております。

New Nose Raider入荷 2018/07/12 (Thu)
1531350667.jpg 1531350742.jpg 今季 完成した ニューノーズライダー  です。

スペックは  9,1 x 59,75 x 8,0 です。

過去何回かノーズライダーは研究してきました。

今回のニューノーズライダーは その集大成の作品です。

長さは 9,1と少し短く成って居ますが

その分ノーズ幅が有り ノーズに歩いても そのバランスは 安定して居ます。

ボトムコンケーブも深く ノーズのリフトを容易にします。

幅も60pをギリギリ切るサイズで 安定感が有り  スム―ルウエーブでも

簡単にノーズが可能です。

テールはシャープなスケアテールです。

鋭角で切れの良いカットバックが可能で

ビシっと綺麗なスプレーを飛ばす事が出来ます。

ノーズライダーは ノーズライドをする為の板で マニューバー系の板とは

根本的に異成ります。

波を選んで 楽しむと良いと思います。

どらかと言うと スモールウエーブから 肩ぐらいまでが合って居ます。

メチャ掘れの波の場合は 難しく成ります。

その時は 早いテイクオフ でボトムに向かって滑り下りないで

トップターンで方向を変えて 波のショルダーを掛けるのが方法です。

ノーズロッカーも抑えてあるので  板の特性を理解しエンジョイする事が大事です。

ロングボードの 醍醐味は ナント言っても ノーズです。

上手い人のノーズライデングを見ると カッコ良いです。

ノーズライダーは  そのあこがれのノーズがやりやすい板です。

練習を積めば 誰でもノーズは出来ます。

カラーデザインは 2機種です

是非乗って ノーズライドに  挑戦して見てください。

剛シエープCPシャドームーン完成 2018/07/10 (Tue)
1531185937.jpg 1531186006.jpg 1531186067.jpg 1531186135.jpg 1531186234.jpg 剛シエープの CPシャドームーンが 遂に完成しました。

しかもバンブー + カーボンレール の最強の板に仕上がって居ます。

しかも軽量で 頑丈です。

今まで 剛 シエープで ハンドメイドして来ました。

評判は上々で スモールウエーブから サイズのある波迄 対応は幅広く

テイクオフも早く、動きも良く  バライテイに楽しめる板です。

スペックは  228  x 57,5 x 7,2  です。

フィンボックスも クワッドでの使用と センターフィンをセットし

2+ 1 でも楽しめます。

剛 自らが 乗って繰り返しテストし 完成したモデルで

絶対の自信を持って製作して居ます。

工法は バキューム 後方で  芯材は  EPSフォームで 

巻きはエポキシ樹脂を使って 丈夫で カラッとした仕上がり二成って居ます。

又特長として  ボトムの チャンネルです。

水の流れを良くし スピードを得られるボトム形状に成って居ます。

価格は ¥197300 + tax です。

ネーミングは  { CPシャドームーン}  です。 

今回 10本完成しましたが。  既に3本は前受注して居ます。

残り 7本 限定です

宜しくお願い致します。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] → Next